泉区版 掲載号:2019年1月24日号 エリアトップへ

市会報告 元気の波をこのまちに 横浜市会議員 げんなみ正保

掲載号:2019年1月24日号

  • LINE
  • hatena

4月から通院助成拡大

 今年4月から通院助成の対象年齢がこれまでの「小学6年生まで」から「中学3年生まで」に拡大されます。言うまでもなく、子どもたちの健全育成に寄与し、児童福祉の向上を図ることは、公明党としても重要な施策の一つであり、1992年に横浜市会で初めて小児医療費の自己負担の無料化を提案して以降、粘り強く取り組んできたところです。

 このたびの通院助成の更なる拡大は大きな成果ですが、終わりとは思っていません。通院時の窓口負担は小学3年生までは無料ですが、4年生からは通院1回500円までの負担があります。今後は、この負担金と所得制限の撤廃についても努力していきます。

 安心して子どもを産み育てられる体制を整備することは社会の役目とも言えます。現在、妊産婦支援の専門職として「母子保健コーディネーター」が泉区など市内6区に配置されていますが4月から拡大されます。横浜市ならではのサポート体制を整えていきます。

横浜型給食めざして

 私たちは中学校において「栄養バランスのとれた温もりのある昼食」の実施に向け、あらゆる角度から調査・研究を進めてきました。

 現在、市立中学校で導入している「ハマ弁」は2年以上が経過しましたが喫食率は2%台というのが現状です。今後は就学援助対象者への拡大も提言し、市も検討に入っています。

 こうした中、私たちは現在のハマ弁を進化させ、学校給食法に準じて給食と位置付ける「横浜型給食」を推進します。分かりやすい注文方法で民間による調理・配達方式。ごはん・おかず・汁物・牛乳のセットで提供され、月額5千円台の給食費を想定しています。

市立学校へのエアコン設置

 昨年末、市議団として林文子市長と鯉渕信也教育長に対し、市立学校への早期エアコン設置完了を要望しました。近年は夏場に記録的な猛暑が続いており、教育環境の向上の意味でも素早い対応が望まれます。

 また普通教室、特別教室に加え、災害時に避難場所としての利用がある体育館にも設置検討を要望し「しっかりと検討していく」との回答をいただきました。
 

鯉渕教育長へ要望
鯉渕教育長へ要望

源波正保 

横浜市泉区和泉町3702井上ビル1F

TEL:045-802-5345

http://gennami.net/

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

泉区版の意見広告・議会報告最新6

どの世代も等しく幸せに

どの世代も等しく幸せに

神奈川県議会議員 田中しんじ

5月1日号

将来へ責任果たす政策提言

県政報告

将来へ責任果たす政策提言

神奈川県議会議員 田中しんじ

3月28日号

政治への信頼取り戻す

政治への信頼取り戻す

神奈川県議会議員 松本(マツモト)清(キヨシ)

3月28日号

人と地域の未来のために

市会報告

人と地域の未来のために

横浜市会議員 げんなみ正保

3月21日号

横浜にカジノはいらない

特別対談

横浜にカジノはいらない

ふもと理恵・山崎誠がまちづくり語る

3月14日号

より良い環境未来へつなげ

特別対談

より良い環境未来へつなげ

ふもと理恵・山崎誠がまちづくり語る

2月21日号

市再犯防止計画策定へ

誰も置き去りにしない社会へ

市再犯防止計画策定へ

横浜市会議員 げんなみ正保

2月14日号

あっとほーむデスク

  • 5月16日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク