泉区版 掲載号:2019年1月31日号
  • LINE
  • hatena

泉署管内特殊詐欺 前年比減少も高止まり ハガキの架空請求急増

社会

泉署の千種課長
泉署の千種課長
 昨年1年間の泉区内で発生した特殊詐欺の被害状況がこのほどまとまった。これによると、認知件数は35件(前年比16件減)で被害総額は約8千万円(同5800万円減)で、前年比減少も、高止まりが続いた。

 昨年、県内の特殊詐欺による被害総額は約57億9800万円に上り、過去最悪を更新した。横浜市内でも1162件(前年比130件増)発生しているが、特に深刻だったのは戸塚区と青葉区で、それぞれ前年比60件以上増加している。

 泉区は前年比で被害件数、金額ともに減少したものの、ここ数年はいずれも高止まり状態だ。

 昨年、区内で特徴的だったのはハガキを使った詐欺手口の増加が挙げられる。届出があったものだけで707件(前年比623件増)にも及ぶという。具体的には、法務省などを装った架空請求で、「訴訟」「裁判」「差し押さえ」といった文言を使い、短い返答期日を設定してハガキを送り付けるものだ。

 再三の呼びかけにも関わらず、次から次へと新たな手口が生まれ被害がなくならない中、泉署では高齢者世帯に向けた手形ポップの配布や自治会での防犯講話など、区民に身近な場所での意識啓発に力を注ぐ。

 年明け以降は「改元により、これまでのクレジットカードが使えなくなる」などと騙る新たな手口も確認されている。生活安全課長の千種正さんは「お金の話はまず疑って欲しい。今後もATMがあるコンビニエンスストアとの連携を一層強め、詐欺防止に努めていく」と話した。※記事中の数字はいずれも暫定値

泉区版のトップニュース最新6件

サッカーで広がる輪

JFAフットボールデー

サッカーで広がる輪

2月21日号

再エネ電力購入へ

横浜市

再エネ電力購入へ

2月21日号

診断までの時間長く

認知症

診断までの時間長く

2月14日号

「食」と「人」で魅力発信

森田さんが教育委員会賞

かながわ夢絵コンテスト

森田さんが教育委員会賞

2月7日号

国際的イベントに重点

横浜市予算案

国際的イベントに重点

2月7日号

3/2家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

梅の花茶屋

旭区

梅の花茶屋

24日 こども自然公園

2月24日~2月24日

泉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク