泉区版 掲載号:2019年3月14日号
  • LINE
  • hatena

地域を支える自分に 障害児・者ボラ養成講座

社会

 当事者家族や施設職員らと障害者との関わりについて考える「障がいのある人のボランティア養成講座」が3月22日(金)、踊場地域ケアプラザで開かれる。午前10時から正午まで。参加費無料。

 障害がある人が感じる課題や困難はそれぞれ異なるが、適切な支援につながれば、それは住み慣れた地域で安心して暮らすための一歩になる。当日は、障害を知り、その理解を深めながら「何をどのように協力すれば良いのか」といった関わりのきっかけについて学んでいく。

 講師は、社会福祉法人いずみ苗場の会「つぼみの家」の山寺由美子、障がい児者の将来を考える会泉の会「障害理解啓発グループkokua」の秋元三恵の両氏が務める。ガイドボランティアや後見的支援制度、同ケアプラザの事業など、地域で求められているボランティアの紹介も。

 定員は30人で筆記用具等持参。参加希望者は3月20日(水)までに泉区社会福祉協議会・泉区移動情報センター【電話】045・719・5220。

泉区版のローカルニュース最新6件

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 4月11日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月25日号

お問い合わせ

外部リンク