泉区版 掲載号:2019年3月28日号 エリアトップへ

いずみ紙芝居一座 結成10年、今ブーム 意識改革で動員増が顕著

社会

掲載号:2019年3月28日号

  • LINE
  • hatena
作品を持つメンバー
作品を持つメンバー

 泉区民文化センター・テアトルフォンテを拠点に活動する「いずみ紙芝居一座」。結成から10年が過ぎ、今、定期口演会は毎回定員超えするなど、人気を博している。思いがけないブームの裏には、事務局を務める同館事業担当者とメンバーたちの地道な努力、そして意識改革があった。

 「いずみ紙芝居一座」はテアトルフォンテが開いた紙芝居ワークショップに参加した受講生有志により2008年に結成。現在メンバーは6人だ。

 既成作品ではなく、テーマ設定から脚本、絵づくりまで手がける職人集団としてスタート。現在一座として19作品、個人で23作品を有している。

 当初は「子どもたちに読み聞かせたい紙芝居をつくり、郷土愛を育もう」と精力的に活動していた。しかし、作品制作をしながら年4回の定期口演をこなし、さらに地域への出張口演を合わせるとその活動はかなりハードな状況に。結果、近年はメンバー間の情報共有や表現技術の向上、新作といった、見せる側としての工夫に費やす時間が思うように取れず、活動がマンネリ化していた。

 「続けるなら、このままではいけない」と、数年前から今後の在り方について事業担当者と話し合いを重ね、見せる・呼ぶ・盛り上げる意識などを再確認。その後、市内各施設への案内チラシの配架やSNSを使った情報発信、講師を招いた勉強会など、活動PRと表現者としてのスキルアップの2本柱に努めた。

 加えて、良くも悪くも手作り感満載だった口演会は、発表会ルールなどを厳格化。結果、個々の表現や一つひとつの言葉の伝え方も洗練され担当者によれば「舞台らしさが増した」という。メンバーたちは「何かを変えたつもりはなく、ブームというほど手ごたえもない」と笑うが、後押ししてくれる環境があることに感謝する日々だ。

 事業担当者は「ここ数カ月、問い合わせもイベント動員も明らかに増えている。はっきり言ってアツい状況です」と話す。他区からの見学依頼などもあり、フォンテでは今後、ワークショップの出張開催も視野に検討を始めている。

 次回、口演会は年に一度の「フォンテフェスタ」にて。最近の動員数を考慮し、一座には昨年よりも大きい会場が用意されている。問い合わせはテアトルフォンテ【電話】045・805・4000。

紙芝居をPRするスタッフ
紙芝居をPRするスタッフ

泉区版のトップニュース最新6

年度内の公演実現に望み

横浜いずみ歌舞伎

年度内の公演実現に望み 文化

コロナ禍で10月の開催断念

7月9日号

防災拠点の3密対策 強化

横浜市

防災拠点の3密対策 強化 社会

「分散避難」呼びかけも

7月9日号

医療体制拡充に56億円

横浜市

医療体制拡充に56億円 政治

コロナ第2、3波に備え

7月2日号

進む竹の"名所"づくり

進む竹の"名所"づくり 社会

「古都のような風情感じて」

7月2日号

手探りで新学校生活

市立小中

手探りで新学校生活 教育

7月に給食・部活再開

6月25日号

個性際立つ「いっずん」集結

個性際立つ「いっずん」集結 社会

区内10店舗の限定カレー

6月25日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月9日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク