泉区版 掲載号:2019年4月18日号 エリアトップへ

トピックス ーボランティアの現場からー 機械に出せないあったかさ 音声訳ボランティアいずみ

社会

掲載号:2019年4月18日号

  • LINE
  • hatena

 約30年間に渡り、区内で視覚障害がある人のために新聞や書籍などを音声化している「音声訳ボランティアいずみ」。

 現在は情報を得る手段の一つとしてスマートフォンが普及し、健常者だけではなく視覚障害がある人たちの生活を大きく変えてきた。それでも「使いこなしている人ばかりではない」と同団体の永井けい子さん。特に高齢者は複雑な操作もあり、音声訳への需要は変わっていないという。

 時代と共に変わったことは「人工音声」への対応だ。テキストデータがあればコンピューターが読み上げてくれるもので、近年は抑揚やイントネーションが自然になり、男声や女声などの種類も選べる。これに合わせ、パソコンで文章を打ち込む支援も始めている。「私たちも技術の進化についていくのが精いっぱい」と永井さん。ただ、利用者の中には「人が吹き込んだ声の方があったかい」という声が少なくない。機械に出せない声が求められている。

 これまでリクエストがあっても、許諾を得て完成するまでに、長いもので3カ月を要した。しかし2017年に文化庁長官から著作物を許諾なしに複製することができる者として指定を受け、提供時間も大幅に短縮し、ラインナップも増えた。

 今後は活字の認識に支障がある人や発達障害、学習障害がある人への提供も視野に入れる。「必要としてくれる人がいる限り活動を続けていきたい」が会の思いだ―。

泉区版のローカルニュース最新6

ネット中傷テーマに講演

横浜市

ネット中傷テーマに講演 社会

スマイリーさんが語る

10月29日号

お菓子配布が盛況

お菓子配布が盛況 経済

緑園の商店団体

10月29日号

仮囲いにイラスト

緑園東小

仮囲いにイラスト 教育

校庭最後の運動会用に

10月29日号

いっずんSTAY HOME続く

いっずんSTAY HOME続く 社会

コロナ禍で出番なし

10月29日号

マイナー文房具など紹介

有隣堂

マイナー文房具など紹介 文化

YouTubeで公開中

10月29日号

周囲の気付きが大切

精神科医・内田教授に聞く

周囲の気付きが大切 社会

増える自殺、救うには

10月29日号

創業88年、確かな実績

お墓のことは市内最大の墓石展示場のある石半にご相談

http://www.ishi-han.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月29日0:00更新

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク