泉区版 掲載号:2019年5月23日号 エリアトップへ

和泉川中央水辺愛護会 緑化推進で国交大臣表彰 参加率、継続性が評価

社会

掲載号:2019年5月23日号

  • LINE
  • hatena
和泉川中央水辺愛護会の会員たち
和泉川中央水辺愛護会の会員たち

 花と緑の愛護に顕著な功績のあった団体に贈られる「みどりの愛護」功労者国土交通大臣表彰の受賞団体がこのほど発表され、泉区から「和泉川中央水辺愛護会」が表彰された。

 これは都道府県や政令指定都市等の各長から推薦のあった民間の団体を審査委員会を経て、緑化推進活動の模範として表彰するもの。今回は全国で105団体が受賞している(市内では4団体)。5月18日に鳥取県で開かれた式典で表彰された。

 同会は2003年7月に発足し、現在は40代から90代までの26人が活動している。毎月2回定期的に、和泉橋から関島橋までの1・2Km間の清掃や、花の植栽を行っている。限られた時間と人手の中で、少しでも作業の効率を上げようと会員の体力や希望に応じた分担制を採用。主に川中のゴミの撤去などをする「美化班」、川沿いの除草、草花の植え付けをする「除草・清掃班」、荒地の開墾等をする「改良班」の3班に分かれている。

 「元々、きれい好きな人ばかり。好きでやっているから全く苦にならないし、同時に地域貢献できるのはとてもやりがいがある」と寺田泉会長。水中や斜面での清掃など、足腰に負担がかかる作業が多いというが、毎回の活動には必ず15人前後が集まり、定例の活動以外にも自発的に活動を行う会員も多いという。

 結成から15年以上たった今、会員の高齢化が課題でもあるが、募集を積極的に行い今年4月から新たに2人のメンバーも加わった。

 寺田会長は「会員の参加率の高さ、活動の継続が認められた結果だと思っています。今回の受賞を励みにこれからも会員皆で頑張っていきたい」と話した。

泉区版のトップニュース最新6

新商品で地元農家応援

緑園の洋菓子店

新商品で地元農家応援 社会

上瀬谷産の南米果実使用

9月23日号

「車の右左折、特に注意を」

秋の全国交通安全運動

「車の右左折、特に注意を」 社会

泉警察署・柴田署長に聞く

9月23日号

ロボコン全国舞台へ挑戦

中田中生徒有志

ロボコン全国舞台へ挑戦 社会

同校から2大会連続出場

9月16日号

初の「空き家条例」施行

横浜市

初の「空き家条例」施行 社会

罰則なし 効果に疑問も

9月16日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

コロナ下活動の助言講座

コロナ下活動の助言講座 社会

支援センターが主催

9月9日号

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月2日0:00更新

  • 8月26日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

WEB限定記事

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

10月2日、横浜武道館

10月1日~10月2日

泉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook