泉区版 掲載号:2019年8月22日号 エリアトップへ

中田中 ロボコンチーム全国へ 8月25日兵庫県で開幕

社会

掲載号:2019年8月22日号

  • LINE
  • hatena
コーチの田中教諭(奥)と(前列左から)尾崎さん、小柳津さん、工藤さん
コーチの田中教諭(奥)と(前列左から)尾崎さん、小柳津さん、工藤さん

 国際的なロボットコンテスト「WRO(World Robot Olympiad)JAPAN」横浜地区予選のミドル競技の部で中田中学校の尾崎優路さん(2年)、小柳津快仁さん(同)、工藤伊澄さん(同)の3人からなる「Team018」が満点で優勝し、8月25日から関西学院大学(兵庫県西宮市)で開かれる全国大会へ出場する。

 同大会は生徒たちが開発したプログラムによってロボットの動きを制御する「自立型ロボット」を使った国際的なロボットコンテスト。

 ミドル競技は中級者が対象で、ロボットの製作やプログラム制御の基本技術を得点式で競う内容。机上のカラーシートの色を読み取りながら、指定された方向に動いたり、ブロックを枠内に運び入れたりしながらゴールを目指す。3人は7月の横浜地区予選を見事満点で通過。全国大会への推薦を決めた。

 全国大会はロボットの組み立てからのスタート。また、大会当日に発表される「サプライズルール」で競技ルールの一部追加変更がされるため、本番での高い応用力が求められる。

 「速さや正確さを上げる練習はもちろん、対応力を上げていくことが今後の目標です」と尾崎さん。地区大会を経て、ロボット本体・前輪キャスター部へのゴミ侵入回避が精度向上に有効だと確認した3人。全国大会へ向け、まずは歯車部品へ変更し、滑らかな動作環境を維持することに力を注いでいるという。コーチで技術科担当の田中完教諭は「集中力が強いのがこのチームの強み。全国大会も落ち着いて臨んで欲しい」と話す。

ゴローが行く

 元々、興味があったという尾崎さんが1年生の時のクラスメイトである小柳津さん、工藤さんを誘いチームを組んだ「Team 018(れいわ)」。

ロボットの名前は「ゴロー」だ。田中教諭が見本を作り、それを組み直していく形で生徒たちが改良を重ねてきた。

 本番は目前。尾崎さんは「予選で満点を取った時の達成感を胸に、全国大会でも良い結果が残せるようにしたい」、小柳津さんは「完走できるように頑張りたい」、工藤さんは「より良い成績を残せるように」とそれぞれ意気込みを語っている。

 同校では2018年から情報の授業の発展として「ロボコン」へのチャレンジを目的に有志が集まって活動している。

 今年度は昨年度の経験者を中心に2チームと、初参加の2チームを加え計4チーム11人が活動。横浜地区予選では、ミドル競技より上位に位置づけられているエキスパート競技でも同校生徒が優勝しているが、惜しくも内容により全国大会は逃している。

泉区版のトップニュース最新6

SDGs広め全国表彰

中和田中PTA

SDGs広め全国表彰 社会

途上国支援の取り組みが評価

12月5日号

「稼げる」情報に落とし穴

「稼げる」情報に落とし穴 社会

5年で相談件数約10倍

12月5日号

「先生いらっしゃいませ」

「先生いらっしゃいませ」 社会

支援級生徒が仕事体験

11月28日号

岡津地域にケアプラザ

岡津地域にケアプラザ 社会

12月1日オープン

11月28日号

地域交流活動が人気

西が岡小

地域交流活動が人気 社会

多彩な講座が評判呼ぶ

11月21日号

「緑吹サウンド」全国へ

「緑吹サウンド」全国へ 社会

発表通し技術磨く

11月21日号

県内不足数、3万人超

看護職員

県内不足数、3万人超 社会

厚労省が2025年推計公表

11月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月28日0:00更新

  • 11月14日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク