泉区版 掲載号:2019年11月14日号 エリアトップへ

元気かい泉 広報誌発行25年目へ 中途障害者の日常を発信

社会

掲載号:2019年11月14日号

  • LINE
  • hatena
誌面を前に笑顔の編集スタッフら
誌面を前に笑顔の編集スタッフら

 NPO法人中途障害者地域活動センター「元気かい泉」(和泉中央北)が発行する広報誌が、このほど25年目に突入した。1998年に創刊し、現在は年4回の発行。利用者の生の声を届けることに重きを置いた誌面は189号になった。

 「気が付けば次で190号目。地域の方々に私たちのことを知ってもらおうという一心でここまできたが、今は自分たちの活動を振り返る大事な資料でもあると気づいています」と話すのは所長の渡邊淑子さんだ。

 作るのは利用者と職員合わせて7人からなる「広報委員会」のメンバーたち。年4本とはいえ、記事の編集から写真撮影に至るまで、身体と相談しながらの作業は楽ではない。それでも公共施設等に配架した紙面が減っているのを知るたびに、意欲が湧いてくる。

 最近では、利用者の家族や委員会メンバー以外からの”投稿記事”も増え、より幅広い角度からの情報発信が進んでいる。創刊当初とは編集メンバーも中身も変わってきたが、「地域との関わりを大切にしたい」という思いは変わらず。毎回、笑顔あふれる写真と臨場感たっぷりのテキストがA3サイズの紙面を華やかに彩っている。

 メンバーたちは「私たちにとって、広報誌には『地域とつながる』という大事な役割がある。自立をめざし主体的に活動する中で、日々の活動を仲間や地域の人に知ってもらえることが嬉しい」と話す。聞けば、堅くなりすぎず、あくまで自然体な文面で人柄を滲ませることや本格的なイラストを盛り込むなど、読ませる工夫にも力を入れる。センターの名物として「今後も情報発信に努めたい」とメンバーは話している。

 中途障害者地域活動センターは、脳卒中等による後遺症がある障害者が、軽作業や生活訓練を通して健康管理や仲間との交流を行い、地域社会で自立した生活を送ることを目的とした施設。市内18区それぞれに設置されている。

(公社)神奈川県薬剤師会

11/18〜23「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/21511/

<PR>

泉区版のトップニュース最新6

SDGs広め全国表彰

中和田中PTA

SDGs広め全国表彰 社会

途上国支援の取り組みが評価

12月5日号

「稼げる」情報に落とし穴

「稼げる」情報に落とし穴 社会

5年で相談件数約10倍

12月5日号

「先生いらっしゃいませ」

「先生いらっしゃいませ」 社会

支援級生徒が仕事体験

11月28日号

岡津地域にケアプラザ

岡津地域にケアプラザ 社会

12月1日オープン

11月28日号

地域交流活動が人気

西が岡小

地域交流活動が人気 社会

多彩な講座が評判呼ぶ

11月21日号

「緑吹サウンド」全国へ

「緑吹サウンド」全国へ 社会

発表通し技術磨く

11月21日号

県内不足数、3万人超

看護職員

県内不足数、3万人超 社会

厚労省が2025年推計公表

11月14日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月5日0:00更新

  • 11月28日0:00更新

  • 11月14日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月5日号

お問い合わせ

外部リンク