泉区版 掲載号:2019年11月21日号 エリアトップへ

「緑吹サウンド」全国へ 発表通し技術磨く

社会

掲載号:2019年11月21日号

  • LINE
  • hatena
全国大会の出場を喜ぶ部員たち
全国大会の出場を喜ぶ部員たち

 県立横浜緑園高校の吹奏楽部が全国規模のコンクールへの出場を次々と決めている。10月には日本管楽合奏コンテスト【主催/(公財)日本音楽教育文化振興会】に出場。さらに12月15日(日)は全国ポピュラーステージ吹奏楽コンクール【主催/(一社)日本吹奏楽普及協会・産経新聞社】に出場が決まっており、練習にも熱が入る。

 横浜緑園高校吹奏楽部は現在、1年生から3年生までの部員74人で活動中。夏の全日本吹奏楽コンクールをはじめ、アンサンブルコンテストや高文連での発表会など、毎年5回のコンクールに挑戦。このほか、地域の施設やイベント等での演奏も積極的に行うなど日々、練習と実践を重ねてきた。

 こうした活動の成果が形となったのが、今年度。初めて「日本管楽合奏コンテスト」と「全国ポピュラーステージ吹奏楽コンクール」の全国大会への出場権を掴んだ。

 先に行われた「日本管楽合奏コンテスト」では最優秀賞には及ばず、悔しい想いをした部員たち。12月の大会では優勝を目指して猛練習中だ。

 部員たちは「コンクールや地域のイベント一つひとつの演奏を大事にすることで、日々演奏技術を磨いています」と口をそろえる。部長の熊澤楓さんは「最高の『緑吹サウンド』で会場を沸かせたいです」と意気込みを語った。

泉区版のトップニュース最新6

青春をもう一度

青春をもう一度 社会

病乗り越え75歳の作品展

1月23日号

音楽とコラボの新展示

泉区会員美術展

音楽とコラボの新展示 文化

会場のフォンテ館長が作曲

1月23日号

フォロワー数うなぎ上り

泉区インスタ

フォロワー数うなぎ上り 社会

賞品付キャンペーンが効果

1月16日号

利用者にアートのすすめ

ツクイ横浜中田

利用者にアートのすすめ 社会

制作通し意欲を後押し

1月16日号

マハロサウンズが20周年

マハロサウンズが20周年 社会

地域に響かす軽音楽

1月9日号

「指定ごみ袋制」検討へ

横浜市

「指定ごみ袋制」検討へ 社会

環境への配慮も背景に

1月9日号

「にぎわいと活力生む年に」

林市長インタビュー

「にぎわいと活力生む年に」 政治

IR誘致へ「理解求める」

1月1日号

(公社)神奈川県薬剤師会

11/18〜23「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/21511/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月23日0:00更新

  • 1月16日0:00更新

  • 1月9日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク