泉区版 掲載号:2019年11月28日号 エリアトップへ

存在感増す地域包括支援センター 「身近な心のより所でありたい」 高齢者の生活全般の支援窓口

社会

掲載号:2019年11月28日号

  • LINE
  • hatena
「何もなくても来られる場所がケアプラザ」と所長たち
「何もなくても来られる場所がケアプラザ」と所長たち

 社会における人口構造が変われば地域が抱える課題も変わる。核家族化の進行や死別などを背景に単身高齢者の割合は増加傾向。加えて、3人に1人が高齢者になるといわれる時代がもうすぐそこだ。こうした中、高齢者の総合的な相談窓口として各地域にある「地域包括支援センター」の存在感が増す。区内ケアプラザの所長に話を聞いた。

 泉区には現在、地域ごとに6つの地域ケアプラザが設置されている。さらに12月1日には区内7カ所目となる「横浜市岡津地域ケアプラザ」が開所予定だ。地域ケアプラザには、それぞれ「地域包括支援センター」が併設されており、高齢者の生活全般の支援窓口として機能している。

 施設運営の念頭にあるのは、だれもが住み慣れたまちで安心して暮らせる地域を作ること。この日、話を聞いたケアプラザの所長たちも「包括支援センターを含めたケアプラザは広い意味でのまちづくり施設」と口を揃える。「高齢社会」「認知症」「要介護状態」など、大枠で見れば同じ困難を抱えている人がいたとしても、個々の置かれている状況は異なり対応も変わってくる。

 制度や支援につなげることがよい場合もあれば、制度の狭間にあり、施設の専門職と地域の有志、当事者らが一緒になって解決法を模索するケースも少なくない。こうした時に、大切なのはいつでもつながることができる地域力だ。

 ケアプラザは子ども、高齢者、障害がある人など、誰でも利用できる施設。職員らも利用者との交流を通し地域を知り、人を知りたいという思いが強い。所長たちは「身近で頼れる存在、そう心のより所にしてほしい」と話した。

泉区版のローカルニュース最新6

修学旅行、対応に苦慮

市立小中学校

修学旅行、対応に苦慮 教育

県内日帰り変更も

10月15日号

エコバッグ作ります

エコバッグ作ります 社会

販促グッズや記念品に

10月15日号

スッキリ新トイレ

スッキリ新トイレ 社会

通信隊バス停に隣接

10月15日号

2会場で分散開催

2会場で分散開催 社会

来年の横浜市成人式

10月15日号

地元スポーツを応援しよう

横浜ビー・コルセアーズ×横浜GRITS 対談 シーズン開幕

地元スポーツを応援しよう スポーツ

10月15日号

100周年カレンダーを発売

市営交通

100周年カレンダーを発売 経済

1500冊限定で

10月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月15日号

お問い合わせ

外部リンク