泉区版 掲載号:2020年5月14日号 エリアトップへ

「ビネット」確立して10年 透明感を余白で表現

社会

掲載号:2020年5月14日号

  • LINE
  • hatena
「五箇山」(富山県)余白をつくり、背景を徐々にぼかすことで透明感を最大限に表現している
「五箇山」(富山県)余白をつくり、背景を徐々にぼかすことで透明感を最大限に表現している

 「絵画芸術の世界は言わば『何でもあり』。自由に表現できる」と話し「ビネット淡彩画」という独自のスタイルを確立した区内在住の植田穂積さん(77)。絵画教室や展示会を開き、魅力を広めている。

 会社勤めをしながら独学で絵をスタートしたという植田さん。ある時、適当なサイズの画紙が手元に無かったため、大きめの画紙の中央に小さめに絵を描いたところ、同じ描き方でも美しく見えたことが「ビネット淡彩画」の始まりだ。

 「ビネット」は背景をぼかした写真や絵、人物の簡潔スケッチなどの意。絵の周りに余白をつくり、メインの題材以外は徐々に淡く着色することで、透明感を最大限に表現できるという。背景を描かない主役のデッサンと違い、ビネットでは、奥行きも背景も描くが、絵の明暗を左右する空や道路に色を塗らないので「初心者でも気軽に取り組むことができる一方、余白の取り方や構図の研究が必要」と植田さん。2010年頃にこの独自の様式を確立。自身の画風を守り、ひろめていくために2012年には「ビネット淡彩画」で商標登録をしている。

 現在は緑園で絵画教室を開講中。約20人の生徒たちと共に、描くことを楽しみ、年に2回ほど会員展も開いている。植田さんは「描く趣味を持ち、人生を楽しむことは素晴らしいことだと伝えたい」と話した。

植田穂積さん
植田穂積さん

泉区版のトップニュース最新6

年度内の公演実現に望み

横浜いずみ歌舞伎

年度内の公演実現に望み 文化

コロナ禍で10月の開催断念

7月9日号

防災拠点の3密対策 強化

横浜市

防災拠点の3密対策 強化 社会

「分散避難」呼びかけも

7月9日号

医療体制拡充に56億円

横浜市

医療体制拡充に56億円 政治

コロナ第2、3波に備え

7月2日号

進む竹の"名所"づくり

進む竹の"名所"づくり 社会

「古都のような風情感じて」

7月2日号

手探りで新学校生活

市立小中

手探りで新学校生活 教育

7月に給食・部活再開

6月25日号

個性際立つ「いっずん」集結

個性際立つ「いっずん」集結 社会

区内10店舗の限定カレー

6月25日号

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月9日0:00更新

  • 7月2日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク