泉区版 掲載号:2020年11月26日号 エリアトップへ

市会報告 認知症支援体制が拡充されます 横浜市会議員 げんなみ正保

掲載号:2020年11月26日号

  • LINE
  • hatena

 12月1日より、認知症の予防・治療の中核となる「横浜市認知症疾患医療センター」が4カ所追加設置されます。どの施設も利用可能ですが、連携エリア泉区瀬谷区では横浜相原病院内に開設されることになりました。

以前は診断に時間

 2025年には⾼齢者は5⼈に1⼈が認知症と推計されており予防・早期発⾒が重要です。すでに市内4カ所(鶴⾒・⾦沢・⼾塚・港北)に同センターが開所し、認知症であるかどうか調べる「鑑別診断」を実施していますが、検査枠の少なさから初診から診断結果が出るまで時間がかかり過ぎるといった問題が顕在化していました。

 本来2週間で終わるべき診断ですが、1カ⽉以上かかる例もあり、その分治療の遅れを招きます。また同センターの機能は鑑別診断だけでなく、予防や早期発⾒のための専⾨相談や保健医療・介護関係者への研修もあります。市の規模を考えれば4カ所では少なく、区⺠も利⽤しにくい状況でした。

議会で整備要望

 これら不⼗分な認知症対策を踏まえ、公明党市議団は2015年から議論を重ね、18年1⽉に市会本会議で「⾝近な地域で鑑別診断を受診でき、待ち日数も短縮できるよう認知症疾患医療センターを全区に整備すべき」と要望。市⻑からも前向きな答弁があり、本格的に検討がスタートしました。そして20年度、まずは2区あたり1カ所の整備を予算化。現在の4カ所から9カ所に増やすことを決定。このほど新たに4カ所に設置が決まりました。

 多くの皆様から頂いていた認知症対策の声。引き続き全18区設置に向けて取り組みます。国会でも公明党主導で「認知症基本法案」の議論を進めています。全国で適切な⽀援が受けられる体制構築を⽬指して参ります。
 

源波正保 

横浜市泉区和泉町3702井上ビル1F

TEL:045-802-5345

http://gennami.net/

泉区版の意見広告・議会報告最新6

新型コロナウイルス感染拡大、1人で悩まずに相談を

新型コロナウイルス感染拡大、1人で悩まずに相談を

立憲民主党 衆議院議員 山崎誠

1月21日号

不安乗り越え、明るい未来へ

不安乗り越え、明るい未来へ

神奈川県議会議員 松本 清

1月7日号

国民の生命と財産を守るために

国政報告

国民の生命と財産を守るために

内閣官房副長官 衆議院議員 さかい学

1月7日号

代表質問しました!

特別編 企画・制作横山ゆうたろう事務所

代表質問しました!

デジタル化の推進など14項目

1月1日号

泉区の声をカタチに

市政報告

泉区の声をカタチに

公明党 横浜市会議員 げんなみ正保

1月1日号

未来へつなぐ

未来へつなぐ

横浜市会議員 ふもと理恵

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク