泉区版 掲載号:2021年1月7日号 エリアトップへ

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める 畑中 一希さん 金沢区在住 20歳

掲載号:2021年1月7日号

  • LINE
  • hatena

自由と責任を胸に

 ○…成人式のテーマ”開花”には、「コロナに負けずに笑顔の花を咲かせたい」との思いを込めた。節目を前に「人と協力して何かを成し遂げたい」とメンバーに応募。式の開催すら危ぶまれる困難な状況にも「メンバー全員で信じて準備してきた。本番が楽しみ」と当日を待ち望む。

 ○…小さい頃から新聞で教育問題を読むのが楽しみの一つ。「今はネットで自由に意見を発信できる世界。便利だからこそ、正しい判断力を養うための教育について深く知りたいと思った」と現在通う大学では教育学を専攻する。影響を受けたのは、歌舞伎役者・市川猿之助さんの”型無しと型破りは違う”という言葉。「型を破り新しいものを作るには、型を知ることが大切」と、国内外の教育を研究。「将来は研究者として、教育に携われたら」と飽くなき探求心を覗かせる。

 ○…金沢区出身。「小さな怪我でもすぐに涙を流す泣き虫だった」と苦笑しながら幼少期を回想する。中学、高校ではサッカー部に所属。「どのポジションも攻守に役割があり、連携が重要なのが魅力」という。お気に入りは日本代表の岡崎慎司選手。「泥臭くてもゴールを決めるのがかっこいい」と試合会場で何度も声援を送った。ここ数年、熱中しているのが大学駅伝。必死に襷をつなぐ選手たちの虜になり、スタートからゴールまで現地で観戦したこともあるという。

 ○…二十歳の節目に「お酒を飲めるようになるなど、できることも増える分、きちんと責任感ある大人になりたい」と表情を引き締める。春に控えるのは教育実習。初の経験に不安もあるが「教壇に立ったら、泣いている子がいれば支える側にならないと。もう泣き虫は卒業」と満開の笑顔を咲かせた。

啓進塾 新入塾生を募集

本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com

<PR>

泉区版の人物風土記最新6

岡田 隆雄さん

【web限定記事】今年度40周年を迎えた横浜市シルバー人材センターの理事長を務める

岡田 隆雄さん

金沢区在住 62歳

2月18日号

鈴木 清文さん

全国各地の郵便ポストを訪ね歩いた写真集を自主制作した

鈴木 清文さん

緑園在住 82歳

2月11日号

岩城 孝子さん

2020年度横浜市男女共同参画貢献表彰で功労大賞に選ばれた

岩城 孝子さん

中田南在住 75歳

2月4日号

矢澤 良和(あいと)さん

神奈川県高等学校総合文化祭の書道部門で2年連続教育長賞を受賞した

矢澤 良和(あいと)さん

横浜修悠館高校2年 16歳

1月28日号

福島 初恵さん

立場地区センター指導員としてコロナ禍でも工夫を凝らした事業を企画する

福島 初恵さん

和泉町在住 62歳

1月21日号

三村 悠三さん

(一社)横浜青年会議所の第70代理事長に就任した

三村 悠三さん

都筑区在勤 39歳

1月14日号

あっとほーむデスク

  • 1月28日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク