泉区版 掲載号:2021年1月21日号 エリアトップへ

泉区役所 4カ国語で注意喚起 コロナ感染「5つの場面」

社会

掲載号:2021年1月21日号

  • LINE
  • hatena
区役所HP内にある中国語、ベトナム語などでの注意喚起(各画像の出典は内閣官房HP)
区役所HP内にある中国語、ベトナム語などでの注意喚起(各画像の出典は内閣官房HP)

 泉区役所では外国語を話す区民に対して、新型コロナウイルス感染のリスクが高い「5つの場面」を4カ国語で注意喚起する画像をホームページ内で公開している。旧正月など例年人と会う機会が増える時期に向け、文化風習の違いを越えて感染対策を呼びかける。

 画像は内閣官房ホームページ内にある、各言語での「5つの場面」への注意を呼びかける内容を転載したもの。中国語、ベトナム語、英語、ひらがなメインのやさしい日本語の4つを使用し、飲食を伴う集まりや狭い空間での共同生活、休憩室や喫煙所などの場面で感染リスクが高まることを説明している。

 横浜市が毎月発表している住民基本台帳に基づく情報によれば、泉区内の外国籍住民は2439人。中国(809人)、ベトナム(749人)をはじめ、ラオスやカンボジアなどアジアを中心に様々な国籍の住民がいる。区職員によると、同国籍同士でコミュニティを作り情報交換することが多く、コミュニティ外からの情報はなかなか入ってきづらいのが現状だという。

 区役所ではHPのほか、手続きで訪れる住民もいることから総合庁舎内のいずみ多文化共生コーナー内などにこれらのイラストや手指消毒を呼びかけるチラシを掲示。2月には旧正月を控えるが、区役所では「文化・風習の違いがある中で手洗いやマスク着用の徹底、大人数で集まる機会を避けるなど注意してほしい」と訴える。

区内感染者も急増

 横浜市が1週間後に発表している区別の陽性患者発生状況によると、泉区の累計人数は1月14日時点で356人。1週間前(273人)と比べて83人増えており、週間での数字としては発表開始以降最大の増加幅となっている。

 発熱・せき・のどの痛みがある人の相談は「神奈川県発熱等診療予約センター」【電話】0570・048914、または【電話】045・285・1015(土日祝日を含む午前9時から午後9時まで)。
 

啓進塾 新入塾生を募集

本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com

<PR>

泉区版のトップニュース最新6

警報器で「逃げ遅れ」防止

春の全国火災予防運動

警報器で「逃げ遅れ」防止 社会

消防署長・予防協会長に聞く

2月25日号

現職2氏の一騎打ちか

衆院選5区

現職2氏の一騎打ちか 政治

今秋までに解散総選挙へ

2月25日号

和泉小学校の4年生児童、筋力低下が心配な高齢者に健康情報発信

フェリス女学院大学生と飲食店がコラボメニュー開発 緑園都市駅前の活性化目指す

独自アプリを開発

新橋小3年2組

独自アプリを開発 教育

コロナ対策楽しく学ぶ

2月11日号

修悠館 漆原さんが受賞

かながわ部活ドリーム大賞

修悠館 漆原さんが受賞 社会

音楽研究部の活動を先導

2月11日号

あっとほーむデスク

  • 1月28日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク