泉区版 掲載号:2021年3月25日号 エリアトップへ

市政報告 第4期障害者プランの策定と空き家条例制定 横浜市会議員 げんなみ正保

掲載号:2021年3月25日号

  • LINE
  • hatena

 この度、今後6年間の障害福祉施策の方向性を定める「第4期横浜市障害者プラン」が策定されました。

 議案に関連し、2月10日の市会本会議の中で市長・副市長に対し質問しました。

【質問】障害のある方などの意見・実態を踏まえた策定を

【副市長答弁】パブリックコメントをはじめ素案の作成段階から、障害のある方やご家族の皆様との意見交換会を数多く行っており、頂いた意見が基本目標やプランの方向性を決める大きな要素になっています。

【質問】ライフステージを通じた切れ目のない支援を

【市長答弁】福祉、医療、教育など生活に関する幅広い分野での更なる連携が必要。基本目標達成に必要な視点を関係機関と共有することで、ライフステージを通じ一体感のある支援ができる体制を構築します。

【質問】発達障害児・者への支援の更なる推進を

【市長答弁】地域療育センターにおける療育体制の抜本的な見直しや、障害福祉分野以外での支援体制の構築等が新たに求められています。総合的かつ具体的な支援の方向性を本プランに盛り込み、強い思いを持って取り組んでいきます。

空き家対策加速へ新条例を制定

 特定空き家の認定や処分、空き家の利活用、空き家の予防など総合的空き家対策の着実な推進へ、公明党が要望してきた条例制定が実現しました。

 条例の目的は空き家等の適切な管理を促進し、管理不全な空き家等を防止・解消するものです。

 【1】空き家等の適切な管理について法で努力規定となっている所有者等の責務を義務化。【2】空き家等の状態を知らせる標識を、法の規定より早く勧告の段階で設置。【3】所有者等が不明で改善が見込まれず、外壁の剥離等により地域住民の生命や身体に重大な危険を回避する最小限の措置を実施の3点が可能となります。

 議案関連質疑で応急的危険回避措置の意義等について質問しました。

 市長からは「本条例により、外壁の一部が剝がれるなどの局所的な危険に対し、代執行よりも早く応急的に対応できることは、地域の皆様を守る有効な手段となる」との答弁がありました。

源波正保 

横浜市泉区和泉町3702井上ビル1F

TEL:045-802-5345

http://gennami.net/

泉区版の意見広告・議会報告最新6

コロナ第4波から国民を守る、安全確実なワクチン接種の実現を

蓄電池共同購入制度、いよいよ開始

県政報告

蓄電池共同購入制度、いよいよ開始

神奈川県議会議員 田中しんじ

4月22日号

代表質問しました!

代表質問しました!

企画・制作/横山ゆうたろう事務所

4月15日号

よこはま自民党『再エネ推進プロジェクト』始動‼

子ども達の、子ども達のために私たちができること

よこはま自民党『再エネ推進プロジェクト』始動‼

4月1日号

第4期障害者プランの策定と空き家条例制定

市政報告

第4期障害者プランの策定と空き家条例制定

横浜市会議員 げんなみ正保

3月25日号

質問しました!

ゆめが丘の再開発、今どうなってるの?

質問しました!

企画・制作/横山ゆうたろう事務所

3月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter