泉区版 掲載号:2021年9月2日号 エリアトップへ

地域防災拠点 コロナ禍で訓練苦慮 昨年度は区内半数中止

社会

掲載号:2021年9月2日号

  • LINE
  • hatena
昨年度運営委員のみで行われた訓練のようす(泉区役所提供)
昨年度運営委員のみで行われた訓練のようす(泉区役所提供)

 大規模地震が発生した際の避難生活場所ととして近隣の小中学校などに設置される地域防災拠点。その開設・運営の訓練がコロナ禍のため、昨年度から十分なかたちで実施できないでいる。

 横浜市内で震度5強以上の揺れが観測された場合に開設される地域防災拠点。その運営は、周辺の自治会町内会役員や防災担当のほか、設置場所となる学校の代表者、区職員などで組織される運営委員会が行う。

 実際の発災時にはまず施設が使用できるかの点検や避難者スペースの区割り、物資の管理などを運営委員が中心となって避難者と協力して取り組むことになっている。

 そのため各地の地域防災拠点では年に1〜3回程度、住民全体を対象に拠点の開設・運営訓練を行っている。多くは大地震が起きたと想定して自宅から拠点に参集し、避難所開設までの行動を確認。食料の炊き出し訓練や、学校の引き取り訓練と同時開催するところもある。

 しかし昨年から続くコロナ禍で、密集の恐れがある大規模な訓練ができない状況に。区内全24の地域防災拠点のうち、昨年度は半数以上の15拠点が訓練開催を見送り。残る9拠点も一般参加を取り止め、運営委員のみの訓練とした。

区「何かしら実施を」

 こうした中、泉区役所では感染防止対策などコロナ禍に対応した訓練実施要項を今年4月に策定。7月には運営委員向けの研修も行い、最低でも運営委員のみでの訓練を実施してもらうよう呼びかけている。

 多くの地域防災拠点では秋から冬にかけて訓練を実施しているが、今年度は8月時点ですでに訓練を実施または実施予定の拠点は7カ所。残る17拠点はまだ正式には実施日程が決まっていない状況だ。

 区役所防災担当の職員は「避難所運営は立ち上げ準備が一番肝心。委員だけでも良いので、何かしらの訓練は行ってもらえるようにお願いしている」と話す。

 泉区連合自治会町内会長会の馬場勝己会長は「感染予防で避難所の個人スペースを倍の広さにするなど、コロナ禍で運営に変化もある。役員だけのシミュレーションでは上手くいかない部分もあるはずで、2年間訓練ができないとなれば、実際に災害が起きた際にどうすればいいか皆困ってしまうのではないか」と懸念を示した。
 

公明党西横浜総支部

ワクチンといえば公明党。ワクチンだけじゃない公明党。

https://www.komeinishiyoko.com

<PR>

泉区版のトップニュース最新6

標準服・校章決まる

義務教育学校緑園学園

標準服・校章決まる 教育

開校まであと半年

10月14日号

ATM前で商店街宣伝

横浜信用金庫和泉支店

ATM前で商店街宣伝 経済

立場の手描きマップ掲示

10月14日号

天王森のホタル、次世代に

天王森のホタル、次世代に 社会

育成グループが発足

10月7日号

認知症カフェ相次ぎ誕生

中田地区

認知症カフェ相次ぎ誕生 社会

回想法や音楽テーマに

10月7日号

陽性 半数近くが若年層

新型コロナ第5波

陽性 半数近くが若年層 社会

市、新プランで対策急ぐ

9月30日号

小川さんが市長賞

国際平和スピーチコンテスト

小川さんが市長賞 社会

「違いを認め合う心」訴える

9月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook