泉区版 掲載号:2021年10月7日号 エリアトップへ

40周年を迎えた絵画教室「木犀会」を主宰する 渡辺 楊子さん 岡津町在住 83歳

掲載号:2021年10月7日号

  • LINE
  • hatena

絵の極意は「好きなこと」

 ○…近所の主婦たちの集まりが前身の絵画教室「木犀(もくせい)会」を主宰し40年。記念の展示会を戸塚区民文化センターで開催する。「30周年の時は2度目のがん手術をしたばかり。40周年まで来られたことに感謝したい」としみじみ。生徒の多くは自身と近い60代後半から80代半ば。今回は会員22人の作品に加え、故人の生徒が遺した作品も喪章をつけて展示する。

 ○…横浜生まれ。女学生の頃は手塚治虫に憧れ、友人たちに向けて連載マンガを描いたりしていた。大学卒業後は小学校教諭になったが、結婚・子育てを機に退職。夫の転勤先の長野で通った油絵教室の講師から「県展」への出品を勧められたこともあり、自然と近所のグループで絵の教え役に。「岡津十人展」として展示会も開いていたが、町外の人も加わる中で美術の秋にちなんだ「木犀」を会の名称に変えた。「生徒が入りきらない」と約30年前に増築された自宅のアトリエの床や棚には、木犀の花のように細かい色とりどりの絵の具が染みついている。

 ○…教室の傍ら、美術会の会員として県知事賞や内閣総理大臣賞などを受賞。現在は元陽会と県展の審査員を務めるほか、区内の福祉施設などに自身の絵の寄贈もしている。素敵な絵を描く極意を訊ねると「とにかく絵が好きなこと。絵の具でものを生み出すのが好きなのが条件だヨ」と茶目っ気たっぷり。

 ○…ドイツにインド、東欧--様々な国を訪れ印象的な風景や暮らしぶりを油絵で描くこと多数。特に約30年前に初めて訪れ「開けっ広げな気質に魅了された」というスペインは6度も探訪。多くの作品を描いた。泉区役所の食堂「宮島」に飾られている、海岸のまちで女性が豆菓子を売る屋台の絵もその一枚だ。

泉区版の人物風土記最新6

福島 康浩さん

泉公会堂改修後初の公演を行ういずみ吹奏楽団代表の

福島 康浩さん

南区在住 61歳

12月2日号

手塚 龍治さん

有限会社初鹿野(はじかの)建設の2代目として社内のSDGsを推進する

手塚 龍治さん

中田西在住 34歳

11月18日号

緒方 湊さん

最年少の「野菜ソムリエプロ」として多くのメディアなどで活躍する

緒方 湊さん

青葉区在住 13歳

11月11日号

五十嵐 英成さん

泉警察署協議会の会長に就任した

五十嵐 英成さん

岡津町在勤 65歳

11月4日号

菊田 清美さん

西武東戸塚S.C.の館長に今秋就任した

菊田 清美さん

横浜市内在住 55歳

10月28日号

峰岸 正臣さん

来年4月に開校する緑園学園の校章デザインを手がけた

峰岸 正臣さん

緑園在住 46歳

10月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

  • 11月11日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook