泉区版 掲載号:2021年12月2日号 エリアトップへ

大災害想定のヘリ訓練 消防団主導は市内初

社会

掲載号:2021年12月2日号

  • LINE
  • hatena
傷病者の搬送を行う消防団員ら
傷病者の搬送を行う消防団員ら

 泉消防署と泉消防団は11月27日、大規模災害等発生時を想定したヘリコプターの離着陸訓練をJAみなみグラウンド=和泉町=で実施した。機体の誘導を消防団が主導するのは横浜市内初。

 この訓練は大規模災害の発生時を想定し、ヘリコプターの機動力を使い緊急搬送が必要な傷病者の対応を行うもの。これまでヘリコプターの離着陸訓練は消防署員らが主導。消防団はその補助がメインだったが、地域防災の核としてより活動の幅を広げるため、今回は主導で行うプログラムを取り入れた。

 当日は泉消防署員と泉消防団員、横浜へリポートの職員など約90人が参加。飛散物の確認やグラウンドへの散水など場外離着陸場の設定をした後、泉消防署が中心となり1回目の離着陸訓練を実施した。

 2回目の訓練では、消防団の主導で離着陸時の機体誘導や安全管理を実施。傷病者の引き継ぎなど航空支援隊や消防隊と連携しながらスムーズに行われた。また今回の訓練は一般公開され、会場に訪れた多くの地域住民が一部始終を見守った。

 今年度、市内最多の37人が新たに入団するなど、積極的な動きが目立つ泉消防団。今回代表して機体誘導を担当した入団10年目の宮本由美子さんは「消防団員で誰も経験したことがない訓練なので不安や緊張もありましたが、とにかく心を落ち着かせてやりました」と振り返った。石井正志団長は「消防団の活動の幅が広がる良い訓練となり、団員のモチベーションも高まったと思う。今後も消防署と連携しながら様々な災害に対応できるような訓練を行っていきたい」と話した。

機体誘導を行う団員
機体誘導を行う団員

泉区版のトップニュース最新6

泉区内2事業所が表彰

やさしい介護プロジェクト

泉区内2事業所が表彰 社会

寄り添うケア、模範に

1月20日号

21年は1億円超え

泉警察署管内特殊詐欺被害

21年は1億円超え 社会

現金手渡し主流で高額化

1月20日号

保留児童解消へ本腰

横浜市

保留児童解消へ本腰 社会

対策にデータ分析班

1月13日号

2年ぶり年賀行事

泉区役所

2年ぶり年賀行事 社会

式典のみ、186人参加

1月13日号

3万6千人が門出

横浜市成人式

3万6千人が門出 社会

昨年に続き分散開催

1月6日号

「地域とともに未来へ」

「地域とともに未来へ」 社会

深川区長インタビュー

1月6日号

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月13日0:00更新

  • 1月6日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook