泉区版 掲載号:2022年5月5日号 エリアトップへ

下和泉に集いのカフェ 善意のDIYでオープン

コミュニティ社会

掲載号:2022年5月5日号

  • LINE
  • hatena

 地域のみんなの"かけ橋"に――下和泉4丁目の民家を改装した「地域カフェ『かけカフェ』」が、4月29日にオープンした。運営者は「たくさんの方が協力してくれた。善意で出来た場所。みんなが笑顔になって、つながりが生まれる場になれば」と話す。

 カフェは、区内で子どもたちの居場所づくりなどに取り組む(一社)かけはし(廣瀬貴樹代表)と、不登校の子を持つ親の会・ハピネス(相澤由佳里代表)が運営する。

 近隣にある「わきみずの森」の整備などを行う下和泉湧き水を守る会の会員でもあった廣瀬さん。知り合った地域住民から、「かけはしの活動に利用できるのでは」と、空き家だった一軒家を借りられるように手配を受けたのが始まりだ。

就労支援にも

 昨年6月、賃貸契約を締結。築55年の物件で、家主からは「昔は子どもたちが遊びに来る家だった。地域のためになるなら改装も自由に」と話を受けたという。

 当初は、不登校の子どもたちの居場所としての活用を模索するも断念。ハピネスの相澤さんとの出会いから、地域のみんなが集う場所、不登校の子どもが就労につながるステップアップの場所などを目的に、コミュニティカフェとして実現を目指す形となった。

 昨年7月から始まった改装はほとんどが手製。居場所を利用する子どもたちのほか、下和泉小学校に11年間勤めた廣瀬さんの妻・千尋さんの教え子なども参加。その姿を見て地域の人たちが手伝うなど、輪が広がった。

 庭の剪定や床の張り替え、壁の塗り直しなど、専門的な部分は、業者に指南を受けつつ仕上げた。「子どもや地域のためならと、難しい天井や端材の提供など、プロたちが助けてくれた」と廣瀬さん。「感謝しかない」と笑顔を見せる。

 当面フードメニューは日替わり1種類。スペースの貸し出しや、ワークショップ企画なども実施する予定。火曜・日曜定休。午前10時〜午後4時。(問)【携帯電話】090・8156・5734

泉区版のトップニュース最新6

広がる「ラジオ体操」の輪

緑園地区

広がる「ラジオ体操」の輪 スポーツ

交流と健康づくり目指し

6月23日号

7月に60回目の公演

劇団年輪

7月に60回目の公演 文化

「失敗」乗り越える姿を表現

6月23日号

土曜の地域食堂「居場所に」

弥生台

土曜の地域食堂「居場所に」 社会

NPO「だんだん」が運営

6月16日号

泉区の魅力を共有

市職員発写真カレンダー

泉区の魅力を共有 文化

好評受け、DL可能に

6月16日号

介護予防に地域活動を

介護予防に地域活動を 社会

区、身近な取組一冊に

6月9日号

中高年向け相談窓口開設

市ひきこもり支援

中高年向け相談窓口開設 社会

当事者、家族の孤立防ぐ

6月9日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook