泉区版 掲載号:2022年5月5日号 エリアトップへ

葛野小そばに「こども食堂」 母らが運営 地域も協力

コミュニティ社会

掲載号:2022年5月5日号

  • LINE
  • hatena
弁当の配布を受ける利用者(写真提供=がじゅまる)
弁当の配布を受ける利用者(写真提供=がじゅまる)

 葛野小学校そばに4月15日、保護者有志らによるこども食堂「がじゅまる」(中村葵代表=人物風土記で紹介)が開設された。月に2回、コロナ禍の当面は弁当の配食形式で実施し、収束後は近隣店舗を借りて行う予定。「フードロスや貧困がなくなるのが一番。もっと活動場所を増やしたい」と意気込む。

 「こども食堂」は、地域の子どもや保護者などを対象に無料や安価で食事を提供する取組。がじゅまるは、葛野小に通う二児の母である中村さんが企画。近隣の食堂を調べ、友人や知人の協力などを得て実現させた。

 配食の会場は、同小学校そばにある弁当店・LUNCH BOX=中田南5の15の7=が、軒先を提供。キッチンは踊場地域ケアプラザを借り、会食が可能になったあとは、区内地域作業所のジョイカンパニーが場所を貸すなど協力する。

 中村さんは「周りの人たちに恵まれ、つながりがありがたい」と地域の応援に謝意を示す。

 食材は、食品支援を行うフードバンク浜っ子南からの提供や、中村さんが個人で借りた畑のオーナーからのおすそ分けなどを活用。今後は、寄付も募りながら進めたいとしている。

50食、20分で完売

 初回となった15日のメニューは、提供されたケンタッキーフライドチキンを使ったピラフ弁当。あいにくの雨にもかかわらず、用意した50食は20分で完売し、列をなすほどの大盛況となった。

 今後も実施は月に2回、第1・3金曜日で、時間は午後4時30分から。次回は、あす6日を予定。子ども0円、大人400円。売切れ次第終了となる。問い合わせは中村さん【携帯電話】080・3513・0420。

泉区版のトップニュース最新6

広がる「ラジオ体操」の輪

緑園地区

広がる「ラジオ体操」の輪 スポーツ

交流と健康づくり目指し

6月23日号

7月に60回目の公演

劇団年輪

7月に60回目の公演 文化

「失敗」乗り越える姿を表現

6月23日号

土曜の地域食堂「居場所に」

弥生台

土曜の地域食堂「居場所に」 社会

NPO「だんだん」が運営

6月16日号

泉区の魅力を共有

市職員発写真カレンダー

泉区の魅力を共有 文化

好評受け、DL可能に

6月16日号

介護予防に地域活動を

介護予防に地域活動を 社会

区、身近な取組一冊に

6月9日号

中高年向け相談窓口開設

市ひきこもり支援

中高年向け相談窓口開設 社会

当事者、家族の孤立防ぐ

6月9日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook