市民意識調査市、結果速報を発表災害対策要望 8年連続最多

社会

掲載号:2018年9月20日号

  • LINE
  • はてぶ

 横浜市が毎年実施している市民意識調査の結果速報が8月31日、発表された。

 この調査は、市が市民の生活意識や生活構造を明らかにし、市政運営や政策立案の基礎資料として活用することを目的に、1972年から毎年実施しているもの。5月18日から6月11日まで、市内に居住する18歳以上の外国人を含む3200人に調査票を郵送。調査員が個別訪問して回収する方法で調査された。

5つのポイント

 市は調査結果のポイントとして、【1】「市政への満足度と要望」では、満足度が最も高いのは11年連続で「バス・地下鉄などの便」(47・1%)、要望は8年連続で「地震などの災害対策」(30・6%)が最多となった。【2】「定住意識」では、今の住まいに住み続ける意向があるのは約6割で、住まいや周辺環境が暮らしやすいと感じている人は約8割となった。【3】「隣近所とのつき合い」では、「互いに干渉しあわず暮らしやすい」が7割以上を占め、「困ったとき、相談したり助け合ったりする」など、比較的親密なつき合い方をする人は8・6%と初めて1割を下回った。また、「顔もよく知らない」(14%)という状態が増加傾向にある。【4】「地域への愛着」では、「横浜」に対して愛着や誇りを感じている人が約8割、「居住区」や「周辺の地域」に対して愛着や誇りを感じている人は約7割で、それぞれ過去の調査と比較して最多となった。【5】「生活の行動範囲」では、「映画館に行く」場合は77・1%の人が、住まい周辺か横浜市内であることに対し、「観劇やコンサートに行く」場合は、東京都内が5割を超えている―の5点を挙げた。

詳細は来年3月

 市は今後、年齢別や地域別などの集計・分析を行い、来年3月頃に報告書を公表する予定としている。

  • LINE
  • はてぶ

泉区版のローカルニュース最新3件