戸塚区版 掲載号:2011年1月27日号
  • googleplus
  • LINE

「届いて 私たちのエール」 がんと闘病中の歌手、真唯林さんを区内ファンが応援

社会

真唯林さんの「東京夜景」を歌うファンら(1月18日、スナック静香で)
真唯林さんの「東京夜景」を歌うファンら(1月18日、スナック静香で)

 肺腺がんを患う台湾出身の歌手、真唯林(マユリン)さん(栄区)を、戸塚区内のスナックやファンが有線で曲を流したり、歌を歌ったりして応援、回復を祈っている。真唯林さんは「早くファンに会いたい」と病と闘っている。

 「夢は七色 東京夜景―」。どこか懐かしさを感じさせるメロディーに恋愛の切なさがにじむ。1月18日、戸塚町のスナック「静香」には真唯林さんのファン13人が集まり、真唯林さんの「東京夜景」をみんなで歌った。「本当にいい子」「今の日本人よりも日本人らしさを感じる」。ファンは次々に真唯林さんへの思いを口にした。

 真唯林さんは昨年10月末に肺腺がんを患っていることが分かり、市内の病院に入院、31度に渡る放射線治療を受けた。治療の後半には、「内臓が焼けるよう」に感じ、おかゆも喉に通らなかったという。12月中旬の退院後、今はご飯も食べられるようになり、様子を見て再入院する予定。

 真唯林さんは台湾に生まれ、子どものころから「里の秋」など日本の歌に親しんだ。「演歌を学びたい」と16歳の時に来日し、以後、山本譲二さんのヒット曲「みちのくひとり旅」などで知られる作曲家の三島大輔さんに師事してきた。今までにアルバム2枚、シングル10枚をリリースし、三島さん作曲、故・星野哲郎さん作詞の「東京夜景」は、はとバス運行開始50年記念のイメージソングにも選ばれた。

 「真唯林ちゃんは私の娘と同じくらいの年。早く元気になって」と上倉田町の春原(すのはら)常子さん(77)。同店の小林加代子さん(52)は「歌うことはがんにも良いと聞く。病院でもきれいな空気をたくさん吸って、お日様をたくさん浴びて頑張って」と話すなど、ファンらは真唯林さんの回復を願っている。

 真唯林さんは「応援してくれてありがたい。早くみんなに会いたい」と、真っ直ぐに前を見据え、話した。
 

真唯林さんと三島さん(同20日、栄区で)
真唯林さんと三島さん(同20日、栄区で)

「春の新講座」生徒募集中!

美術・書道・手芸・語学・音楽などの新講座。無料の体験講習も開催!

http://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/totsuka_cc/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6件

平成横浜病院ヘルスケアセミナー

4月28日(土) 社会ストレスと心臓血管病 参加無料

http://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

クロスステッチ作品展

クロスステッチ作品展

上大岡できょうから

4月12日~4月17日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月12日号

お問い合わせ

外部リンク