戸塚区版 掲載号:2011年1月27日号
  • googleplus
  • LINE

連携で在宅患者支援 医療・看護・介護の事業者間で

同委員会のメンバー
同委員会のメンバー

 戸塚区のケアマネージャーが中心となる団体「戸塚区在宅療養連絡会実行委員会」がこのほど、横浜市から在宅療養に関わる事業者間のネットワークを強化する事業を受託した。

 市では2025年に高齢者の数(65歳以上)が約100万人となり、要介護認定者の数は2009年から約80%増え、約20万人になることが予想されている。そのため、今後増えると思われる在宅療養患者を支えようと、医療、看護、介護を担う事業者間の連携を強化することが事業の狙い。同委員会のほかには、在宅医ネットよこはま(医療)、つるみ在宅ケアネットワーク(看護)が受託した。

 同委員会は昨年9月に発足。今回の事業では、在宅療養を行う際に、ケアマネージャーが主治医に患者の様子を伝える連絡表の作成、利用を目指す。また、2月24日には在宅療養に関わる医療、介護従事者対象のシンポジウムを開催する。

 委員長の我妻(あがつま)正子さんは「在宅療養では多職種の情報共有が重要。ケアマネと医師の間では連絡が取りづらいことが多いので、連絡表などを通して、医療と介護の壁をなくしていきたい」と話している。
 

「春の新講座」生徒募集中!

美術・書道・手芸・語学・音楽などの新講座。無料の体験講習も開催!

http://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/totsuka_cc/

<PR>

戸塚区版のローカルニュース最新6件

平成横浜病院ヘルスケアセミナー

4月28日(土) 社会ストレスと心臓血管病 参加無料

http://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

クロスステッチ作品展

クロスステッチ作品展

上大岡できょうから

4月12日~4月17日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月12日号

お問い合わせ

外部リンク