戸塚区版 掲載号:2011年3月17日号
  • googleplus
  • LINE

桜セーバー"功労者"に 日本さくらの会が樹勢回復措置などを評価

社会

表彰を受ける「桜セーバー」のメンバー、間もなく開花を迎える柏尾川沿いの桜の下で
表彰を受ける「桜セーバー」のメンバー、間もなく開花を迎える柏尾川沿いの桜の下で

 柏尾川沿いの桜の維持や保全活動を行う「戸塚桜セーバー」が、桜の樹勢回復措置や維持管理に努めたことを評価され、「(財)日本さくらの会」から「さくら功労者」に選ばれた。3月28日に表彰される。

 さくら功労者は、桜の植栽、愛護、研究などに顕著な功績があった団体・個人に贈られるもので、各自治体が推薦した中から、国土交通省の認可を受ける同会が審査し決定する。表彰は1966年から毎年行われており、今回は全国で50団体、12個人、横浜市では南区の団体と戸塚桜セーバーが選ばれた。表彰は3月28日に国会議事堂前の憲政記念館で開催される「第46回さくら祭り中央大会」で行われる。桜セーバー会長の阪間馨(かおる)さん(77)(写真前列中央)は「全国レベルの表彰だから驚いたが、本当に嬉しい。活動の励みになる」と喜びを語った。

 桜の品種であるソメイヨシノの寿命は一般的に50〜60年と言われており、柏尾川沿いに多いそれらは52年に植樹されたものであるため、老齢期を迎えている。しかし、根や枝の手入れをすることで花が咲き続けるとわかり、区が05年に呼びかけたことで同団体が設立され、08年4月からは市民による自主活動として取り組まれている。朝日橋から高嶋橋までの柏尾川右岸を活動エリアとして毎月第2・3土曜日に活動。毎回20人ほどが集まり、桜の根の養生や枝の剪定などの作業を行っている。

 阪間会長は「柏尾川の桜は戸塚のシンボル。我々の役目は桜の植樹ではなくて、今ある桜を元気にして、永遠に咲かせること。今後も戸塚の桜を大切にしていきたい」と話した。

 同団体は次年度から活動エリアを下流の豊田堰(とよだせき)橋まで広げる。ボランティア参加に専門知識などは不要。参加希望者は同団体【電話】045・825・0708へ。
 

「春の新講座」生徒募集中!

美術・書道・手芸・語学・音楽などの新講座。無料の体験講習も開催!

http://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/totsuka_cc/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6件

平成横浜病院ヘルスケアセミナー

4月28日(土) 社会ストレスと心臓血管病 参加無料

http://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

クロスステッチ作品展

クロスステッチ作品展

上大岡できょうから

4月12日~4月17日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月12日号

お問い合わせ

外部リンク