戸塚区版 掲載号:2011年4月21日号
  • googleplus
  • LINE

「防災対策、防犯と一緒に」 県議の北井さん、選挙期間に支援活動

社会

被災地で撮影した現地の人の姿に見入る北井さん(4月14日、事務所で)
被災地で撮影した現地の人の姿に見入る北井さん(4月14日、事務所で)

 メディアでは伝えられていないことがある。「防災対策には、防犯の観点が必要不可欠だ」

 戸塚区選出の県議会議員、北井宏昭さん(44)は3月26日から4月9日まで、宮城県名取市をはじめ、同県4市で被災地の支援活動を行った。4月1日からは県議会議員選挙の運動期間だったが、「選挙よりも支援」。食料や衛生用品などに加え、自らの選挙用宣伝車も、スピーカーと看板を外し、物資として運転して持って行った。

 現地では、名取、多賀城、塩竈、石巻市の各災害ボランティアセンターから依頼された支援活動を行った。津波により一般家庭に堆積した泥やがれきを撤去したり、避難所に設置されている仮設トイレを清掃、支援活動に必要なスコップなどの用具を洗ったりした。

語られない現状

 「夜に運転しないで」。現地の消防団から厳しく注意された。メディアではあまり伝えられていないが、地震発生後、被災地では強盗被害が散見された。バールで車の窓を割って物を盗み、家主が避難所に身を寄せている間に家屋に侵入、ある家庭では、地震前に亡くなった人への香典までも盗まれたという。視察でなく、現地で体を動かし、人と話す中で生きた情報を手に入れる。活動中は、政治家としての視点も生かそうと考えていた。「災害時に犯罪はどうしてもついて回る。防災と防犯対策を一緒にやらなければならない」。被災地に投入する警察人員を増やし、治安を維持させることが必要と考えた。

 北井さんが戸塚区に戻ったのは投開票日の朝。結果は、落選。同29日までの現職の間に、今回の活動を踏まえた提言書を県に出す考えだ。4月14日夜、北井さんは事務所で取材に応えながら、活動の様子を収めた動画を自身のブログにアップしていた。3月29日の映像。「(車修理という)自分の仕事を生かし、(津波で)壊れた車をカムバックさせる」。被災し物が散乱した室内を背景に、決意を語る現地の人たちが映っていた。
 

「春の新講座」生徒募集中!

美術・書道・手芸・語学・音楽などの新講座。無料の体験講習も開催!

http://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/totsuka_cc/

<PR>

戸塚区版のローカルニュース最新6件

平成横浜病院ヘルスケアセミナー

4月28日(土) 社会ストレスと心臓血管病 参加無料

http://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

クロスステッチ作品展

クロスステッチ作品展

上大岡できょうから

4月12日~4月17日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月12日号

お問い合わせ

外部リンク