戸塚区版 掲載号:2011年6月23日号
  • googleplus
  • LINE

西武東戸塚店の店長 内川 久生さん 西東京市在住 54歳

グッドラックと前を向いて

 ○…店長に就任した2月から、2400人の従業員と共に地域に根ざした店づくりにまい進している。毎朝、1階食品フロア入り口で来店客を出迎えることから1日をスタート。館内を隈なく歩き、その日の商品陳列数や値段を把握しながらスタッフを見守る。「最大の仕事はお客様と従業員の『安心・安全』を守ること」。1日の来店客数は平日でも3〜3・5万人。瞳に宿る責任感が、眼鏡の奥で光る。

 ○…長野県旧穂高町の生まれ。小学2年生のころ、両親、妹と東京都葛飾区へ引っ越した。「遊びと言えば、めんこにベーゴマ。駄菓子屋でもんじゃもよく食べました」。ちゃきちゃきとした口調はなるほど下町仕込みのようだ。学生時代は軟式テニスで汗を流す傍ら、友人の影響でジャズや五木寛之の小説にも傾倒した。

 ○…西武百貨店への就職は、「不思議、大好き」のコピーで一世を風靡した広告に惹かれたからだが、祖父の代から商人の家系。「血もあるのかもしれないですね」と、誇りをにじませる。「とにかく売れなかった」と苦笑し振り返る駆け出し時代。足を棒にして販路開拓してきた姿を見てくれていた取引先の部長に推薦され、入社3年目にして本部バイヤーに異例の抜擢。その後、32歳でニューヨーク駐在事務所に渡り、新しいデザイナーが百花繚乱する米国の息吹を肌で感じた。いったん帰国するも、再び渡米。今度は一転、日本人スタッフは自分1人という状況で5年間奔走した。幾多の困難も大仰に語らない強さは、米国に学んだところも大きいという。「良い時も悪い時も、別れの挨拶は『グッド・ラック』。この一言に秘められた彼らのたくましい楽観主義。見習うしかない、ですね」

 ○…妻と娘、息子の4人家族。妻には「本当にまじめな人。家のことで困った事は一切ない」と感謝しきり。休日は洗車と庭いじりに精を出す。多忙な日々だが、いずれは社会貢献にも取り組みたいと展望は広がる。
 

「春の新講座」生徒募集中!

美術・書道・手芸・語学・音楽などの新講座。無料の体験講習も開催!

http://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/totsuka_cc/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6件

宮崎 登さん

戸塚郵便局長に就任した

宮崎 登さん

4月12日号

小林 君江さん

4月から戸塚区民文化センターさくらプラザの館長に就任した

小林 君江さん

4月5日号

平山 みつ子さん

多世代型住宅「戸塚の里」責任者で、地域との共同イベントを初開催する

平山 みつ子さん

3月29日号

堀内 潔さん

発足70周年を迎える市保健活動推進員会の戸塚区会長を務める

堀内 潔さん

3月22日号

酒井 茂さん

中学校の美術教諭として働くかたわら油彩画の個展を開く

酒井 茂さん

3月15日号

前田 利昭さん

NPO法人化10周年を迎える「ふらっとステーション・ドリーム」の理事長

前田 利昭さん

3月8日号

平成横浜病院ヘルスケアセミナー

4月28日(土) 社会ストレスと心臓血管病 参加無料

http://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

クロスステッチ作品展

クロスステッチ作品展

上大岡できょうから

4月12日~4月17日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月12日号

お問い合わせ

外部リンク