戸塚区版 掲載号:2011年6月23日号
  • googleplus
  • LINE

戸塚美容組合 避難者へ料金割引 協賛70店が3000円サービス券を配布

「避難者に癒しを」と佐藤会長
「避難者に癒しを」と佐藤会長

 戸塚区の美容室74店が加盟する「戸塚美容組合」が、東日本大震災を受けて、被災地から戸塚区内へ避難している人を対象に、3000円の割引券を配布する支援サービスを6月22日から始めた。

 同組合が「美容サービス利用券」(=写真下)を発行、区が区役所へ申請している避難者へ郵送した。避難者が、届いたサービス券を約70店舗ある支援協賛店へ持って行くと利用できる。

 サービス券は、カット、カラー、パーマなど美容室で提供する全てのサービス(物販以外)に使え、利用者は施術料金の総額から割引額を引いた金額を支払う。

 同組合の佐藤栄一会長(50)が6月6日に加盟店へ提案、多くの賛同を得て、即日実施が決定した。

 きっかけは、佐藤さんが営む美容室「ティナァ」(汲沢)に避難者が来店したこと。自分にできることで支援したいと思ったが、方法によっては相手を傷つける可能性もあるため、個人での支援は難しいと感じ「支援の仕組みを作ろう」と組合加盟店へ呼びかけた。

 資金は、同組合の予備費から12万円と、サービスを提供する各美容室の負担が24万円。1回3000円の支援金のうち、1000円を組合、2000円を各美容室が負担した。使用したサービス券は各美容室が回収し、組合が次回使える券を郵送する。発行する120枚が全てなくなるまで、繰り返しサービスが受けられる。

 区福祉保健課によると、現在、戸塚区へ申請している避難者は19世帯、48人。全員がサービスを受けても、1人2回以上利用できる。

 佐藤さんは「美容室では、カットやカラーなどの技術だけでなく、空間や会話による癒しも提供できる。避難者にホッとできる時間を提供したい」と話した。

 支援の詳細は同組合(美容室らいぶ内)【電話】045・864・3833へ。
 

「春の新講座」生徒募集中!

美術・書道・手芸・語学・音楽などの新講座。無料の体験講習も開催!

http://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/totsuka_cc/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6件

中高年も該当、浮き彫りに

横浜市内ひきこもり

中高年も該当、浮き彫りに

4月12日号

高齢者の買物送迎を支援

柏尾富士見台自治会

高齢者の買物送迎を支援

4月12日号

「市政を大胆に前進」

法衣をキルトでリメイク

上矢部町在住諸星さん

法衣をキルトでリメイク

4月5日号

ごみ分別案内にAI導入

横浜市

ごみ分別案内にAI導入

3月29日号

区が独自の指針案 策定

地域包括ケアシステム

区が独自の指針案 策定

3月29日号

平成横浜病院ヘルスケアセミナー

4月28日(土) 社会ストレスと心臓血管病 参加無料

http://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

クロスステッチ作品展

クロスステッチ作品展

上大岡できょうから

4月12日~4月17日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月12日号

お問い合わせ

外部リンク