戸塚区版 掲載号:2011年6月30日号
  • googleplus
  • LINE

「隣人」への想像を 連載「つなぐ」毎号掲載終え

 ▼東日本大震災の発端となった巨大地震発生以後、3月24日号から毎号、11回にわたり、連載「つなぐ」を掲載した。連載では、震災に関わる様々な人を紹介した。戸塚区と被災地は近くはない。だが、大災害によって大切なものを奪われ、嘆き苦しむ人々に読者とともに心を寄せたいと思い、企画した。支援者、被災者の「顔」が見えるようにと、対象者の活動内容だけでなく、そこに至る経緯や思い、展望を書いた。

 ▼連載を通し見えてきたキーワードは「無理なく継続」。社員の家族が被災した車販売会社の金子健一郎社長(50)(下倉田町)は、今も被災地へ物資を送り続けており、「1、2年と区切らず末永く支援したい」と話す。飲食業「エイト」(名瀬町)の近藤一美社長(37)は被災地や横浜で復興支援イベントを開催した。地震発生半年後のイベント開催も検討しており、継続した支援をしていく考えだ。また、川上地区連合町内会が取り組む節電モデル事業の中心メンバー、高嶋威男(たけお)さん(66)は、地元にいながら無理せず継続してできると節電を訴える。被災地へ物資を送る主婦団体「猫の手とつか」の代表、宇野利江子さん(34)(戸塚町)は「私は子どもがいるから被災地には行けない。でも、継続してできることはある」。

 ▼一方で、被災地から身を寄せる人が戸塚区にもいる。区によると、区へ申請している避難者は19世帯、48人。実際にはもっと多いのでは。連載では被災者2世帯を取材したが、ともに生活の見通しは全く立っていない。「故郷に戻りたい。でも、ずっと戻れないのでは…」。願い、諦め、様々な感情が交錯する被災者からは、震災の現実が突きつけられ、やりきれなくなる。

 ▼「私も福島出身。友達になれないか」。戸塚町へ移住した秋山政三(まさみ)さん(76)を取り上げた記事を読み、高齢の女性から編集室へ電話があった。親族、友人と離れた秋山さんを思っての行動だろう。「私も何かしたい」「支援団体を紹介して」。記事掲載後、読者からの問い合わせで、改めて区民の切実な思いを知ることができた。地震から間もなく4ヵ月。日々過ごす中で、すれ違う人が不安の中で生きているかもしれない―。時は経っても、そういった「となりの人」への想像を持ち、自分にできることを考え続けるべきではないか。そんな問いかけを胸に突きつける連載となった。

      (庄部 勇太)
 

「春の新講座」生徒募集中!

美術・書道・手芸・語学・音楽などの新講座。無料の体験講習も開催!

http://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/totsuka_cc/

<PR>

戸塚区版のローカルニュース最新6件

平成横浜病院ヘルスケアセミナー

4月28日(土) 社会ストレスと心臓血管病 参加無料

http://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

クロスステッチ作品展

クロスステッチ作品展

上大岡できょうから

4月12日~4月17日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月12日号

お問い合わせ

外部リンク