戸塚区版 掲載号:2011年8月25日号
  • googleplus
  • LINE

東品濃小学校教諭で、絵本作家としても活動する 宇都木 美帆さん 神奈川区在住 36歳

一人ひとりが主人公

 ○…「教員は天職。毎日が発見の連続で充実しています」。市立東品濃小学校の4年生28人の担任として教鞭を執る傍ら、子どもの個性を大切にしたストーリーと可愛らしいキャラクターが登場する「マスクシリーズ」など、絵本作家としても活躍する。「私の作品を楽しみにしてくれる子どもたちが元気の源。先生をやっているからこそ、創作意欲がわいてくる」

 ○…出身は栃木県小山市。勉強が苦手で、絵を描くことだけが好きな少女。転機は恩師との出会いだった。「中学から通い始めた学習塾の先生のおかげで、学ぶ楽しさを教えてもらった」。一度火がつけば没頭するタイプ。まるでスポンジのように知識を吸収していった。文化系のイメージがある一方で、中高6年間はバレーボール部に所属。「春高バレー」を目指すという体育会系の一面も。「日本代表の中垣内選手に憧れていました」と照れ笑い。その後、横浜国大教育学部美術家で彫刻を専攻。在学中に教員免許を取得した。

 ○…塾講師をしていた頃に「サメの顔に生まれ、そんな自分が好きではないサメの子の物語」の夢を見た。友人の勧めで小学校の教諭に転職。いろいろな子どもたちと接する間に、夢で見たサメの子と同じ思いの子が沢山いることが分かった。これがきっかけで、絵本作りを開始。15キャラクターそれぞれが主役になるストーリーが誕生した。

 ○…好物はラーメン。特に豚骨がお気に入りで、ブログでランキングを付けるほど。尊敬する人物は画家のゴッホ。その独特な色使いに衝撃を受け、ありとあらゆる文献を読み漁ってきた。地方紙での8コマ漫画の連載も決まり多忙を極めるが、復興支援として月1回は宮城県女川町まで出向く。「一番じゃなくていいから自分らしく行こう。一人ひとりが主人公なんだから」。今後も「誰もが自分に生まれてきて良かった」と思える作品を作っていくつもりだ。
 

平成横浜病院ヘルスケアセミナー

4月28日(土) 社会ストレスと心臓血管病 参加無料

http://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6件

小林 君江さん

4月から戸塚区民文化センターさくらプラザの館長に就任した

小林 君江さん

4月5日号

平山 みつ子さん

多世代型住宅「戸塚の里」責任者で、地域との共同イベントを初開催する

平山 みつ子さん

3月29日号

堀内 潔さん

発足70周年を迎える市保健活動推進員会の戸塚区会長を務める

堀内 潔さん

3月22日号

酒井 茂さん

中学校の美術教諭として働くかたわら油彩画の個展を開く

酒井 茂さん

3月15日号

前田 利昭さん

NPO法人化10周年を迎える「ふらっとステーション・ドリーム」の理事長

前田 利昭さん

3月8日号

HAMMER(ハマー)さん(本名 前澤 高行さん)

戸塚公会堂で音楽イベント「UNITY」を初開催する音楽アーティストの

HAMMER(ハマー)さん(本名 前澤 高行さん)

3月1日号

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「タイル」素材のアート展

「タイル」素材のアート展

4月12日〜 さくらプラザ

4月12日~4月16日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月5日号

お問い合わせ

外部リンク