戸塚区版 掲載号:2011年11月17日号
  • googleplus
  • LINE

12月4日に開催される「第2回とつかお結び広場」の運営委員長 根岸 正夫さん 矢部町在住 64歳

「第二の人生へ」架け橋に

 ○…戸塚区内で活動する団体や個人100以上が集まるイベント「とつかお結び広場」の運営委員長を務める。イベント名にある「お結び」には、「人、地域、団体をつなげ、絆を育む」という意味が込められている。そのためには、気軽に参加できるイベントにすることが重要。「五感で体感できる」をコンセプトに、「子育て」「地域活動」「戸塚宿」などをテーマにした体験コーナーを設け、子どもから大人まで、誰もが楽しめるイベントを目指す。課題は運営の負担を軽くすること。「長くイベントを続けるためには、業務を分担して個々の負担を軽くすることが必須」。今年のイベントでは分業化などの仕組みづくりにも取り組む。

 ○…長年会社務めをしてきた人にとって、退職後に社会に出るのは難しいことなのだという。「特に男性には、難しいんだよ。定年を迎えたら、早めに第二の人生にギアチェンジしてほしい」。自身は、定年を数年後に控えた57歳の時、その一歩を踏み出した。なんとなく受講した「横浜市生涯学習コーディネーター講座」。これが地域活動を始める引き金になった。

 ○…「これからは、定年後の人と社会をつなぐ架け橋みたいな存在になりたいんだ」。昨年3月に退職するとすぐ、「第1回とつかお結び広場」の運営委員会の会員募集に応募。今では「自然大好き戸塚塾」、「戸塚見知楽会」、「とつか桜セーバー」などの団体で活動するほか、長年勤めていた「ブリヂストン」の退職者や退職予定者を社会と結びつける活動にも勤しむ。

 ○…仕事では、技術職や管理職を務めた。管理職は「人づきあい」も仕事の一環。この経験は地域活動にも役立っている。趣味を聞くと「料理」に「自転車」、「歴史の勉強」と、挙げれば切りがない。今は毎月5、6回の会合と打ち合わせに追われ時間が取れないが、イベントが終わったら、自転車に乗って一人の時間も楽しむ予定だ。
 

平成横浜病院ヘルスケアセミナー

4月28日(土) 社会ストレスと心臓血管病 参加無料

http://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版の人物風土記最新6件

小林 君江さん

4月から戸塚区民文化センターさくらプラザの館長に就任した

小林 君江さん

4月5日号

平山 みつ子さん

多世代型住宅「戸塚の里」責任者で、地域との共同イベントを初開催する

平山 みつ子さん

3月29日号

堀内 潔さん

発足70周年を迎える市保健活動推進員会の戸塚区会長を務める

堀内 潔さん

3月22日号

酒井 茂さん

中学校の美術教諭として働くかたわら油彩画の個展を開く

酒井 茂さん

3月15日号

前田 利昭さん

NPO法人化10周年を迎える「ふらっとステーション・ドリーム」の理事長

前田 利昭さん

3月8日号

HAMMER(ハマー)さん(本名 前澤 高行さん)

戸塚公会堂で音楽イベント「UNITY」を初開催する音楽アーティストの

HAMMER(ハマー)さん(本名 前澤 高行さん)

3月1日号

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「タイル」素材のアート展

「タイル」素材のアート展

4月12日〜 さくらプラザ

4月12日~4月16日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月5日号

お問い合わせ

外部リンク