戸塚区版 掲載号:2011年11月17日号
  • googleplus
  • LINE

思い出の品に 新たな命 上矢部町の諸星さん 裁縫の技術生かし

遺品のほか折々の思い出の品もリメイク
遺品のほか折々の思い出の品もリメイク

 娘が幼稚園生のころに着ていた洋服や、亡き義父が闘病中に着ていたパジャマなどを、テディベアやキルトに作り変え、思い出に囲まれて生活を送る。上矢部町の諸星流美子さん(52)は「思い出の詰まった物をできる限り使い続けたい」と、裁縫の技術を生かし、思い出の品を他のものに作り変えている。



 幼いころから、当たり前のように続けてきた裁縫だが、その評判は友人から次第に広まり、今では裁縫教室を開く傍ら、「結婚式のウェルカムボードを作ってほしい」「遺品を作り変えてほしい」と、依頼を受けることも少なくない。

 遺品を作り変える時は、「故人の人柄」「子どもの人数」「何の仕事をして、どんな生活を送っていたか」など、細かく打ち合わせをして、作るものを決める。そして、完成した作品には、家族構成、故人の干支、亡くなった時間なども縫いつけられ、家族が見る度に思い出がよみがえるよう工夫されている。「これもひとつの供養の形だと思うんです」

 諸星さんにとって裁縫の思い出は、小学6年のころまでさかのぼる。教室のほつれたカーテンを補修し、担任の教師に褒められたことが忘れられない。「他にとりえのない子でしたから、本当にうれしかったんです」

 結婚後も、娘の昼寝用の敷物や洋服など、様々なものを手作り。その品は今も、形を変えて残している。

 諸星さんは「モノであふれている時代だからこそ、多くを求めず、あるものを大切にしながら楚々として暮らしていきたい。両親から教わったのは、裁縫だけでなく、そのような生き方だったと思います」と笑顔。

 裁縫の依頼や、針教室については諸星さん【電話】045・812・8943へ。
 

平成横浜病院ヘルスケアセミナー

4月28日(土) 社会ストレスと心臓血管病 参加無料

http://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6件

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「タイル」素材のアート展

「タイル」素材のアート展

4月12日〜 さくらプラザ

4月12日~4月16日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月5日号

お問い合わせ

外部リンク