戸塚区版 掲載号:2011年12月15日号
  • googleplus
  • LINE

体に優しいパンを 木原生物学研究所が技術開発

研究に携わった同生物学研究所の荻原教授、唐建偉特任助教、川浦加奈子助教(右から)
研究に携わった同生物学研究所の荻原教授、唐建偉特任助教、川浦加奈子助教(右から)

 横浜市立大学木原生物学研究所(舞岡町)と理化学研究所が共同で開発した「小麦の機能性ステロール量を増量する技術」についての論文が、アメリカの科学雑誌「Plant Physiology」の11月号に掲載された。

 この技術は、大麦の染色体を小麦に導入することで、抗ストレス作用があるGABA(ギャバ)や、コレステロール量を下げる「スティグマステロール」など、体に有効な成分が多い大麦の特徴を、加工しやすい小麦に取り込み利用することを目指した研究によるもの。2007年4月から同生物学研究所と理化学研究所など6研究機関が行い、開発した。

 同生物学研究所の荻原保成教授は「今回発表した技術を生かして、パンなどの毎日摂取できる食品を作りたい」と話す。今後は、商品化するために必要な、開発した小麦の品質や収穫量の改良を進めていくという。

 小麦や唐辛子の遺伝子研究、生産量や品質の改良、アレルギーにならない小麦粉の開発研究などをしている同生物学研究所。毎週火曜と木曜は研究の業績が展示されている木原記念室の見学が可能。詳細は【電話】045・820・1900へ。
 

平成横浜病院ヘルスケアセミナー

4月28日(土) 社会ストレスと心臓血管病 参加無料

http://yokohamahp.jp/

<PR>

戸塚区版のローカルニュース最新6件

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「タイル」素材のアート展

「タイル」素材のアート展

4月12日〜 さくらプラザ

4月12日~4月16日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月5日号

お問い合わせ

外部リンク