戸塚区版 掲載号:2012年5月24日号
  • googleplus
  • LINE

消臭・抗菌作用のある光触媒を布にプリントする新技術を開発し、周知活動を続ける 青柳博英(ひろひで)さん 矢部町在住 69歳

今も変わらぬ開発意欲

 ○…消臭・抗菌作用のある光触媒を布に定着させる研究を始めたのは14年前。焼却場で作業する際に当時、社会問題となっていたダイオキシンを処理できないかと考えた。布への定着は難しいとされ、多くの企業が失敗してきたが、捺染(なっせん)会社の協力を得て、1年半という短期間で技術開発に成功。特許と日本工業規格(JIS)も取得した。「需要がもっと増えたらなぁ」と12年前の試作品第一号のハンカチを見つめる。

 ○…3年前まで金沢区で船舶のボイラーの組み立てや整備をする会社を運営。客船「飛鳥」の整備をしたこともある。会社を退いた現在も経験を生かし、座間市の米軍基地でボイラー整備に携わる。「本来は研究に本腰入れたいところだけど、資金がね」と苦笑い。整備会社を立ち上げた父に似たのか、ものづくりが好きなのは子どもの頃からずっと変わらない。捺染技術以外にも横浜市と共同開発した排水・排ガス分解装置や、廃油を利用した焼却場用の耐水塗料などがある。「人がやらないこと、できないことをやるのが好き」というシンプルな思いがいくつもの技術を生み出した。

 ○…趣味は油彩画。「きつい、汚い、危険の3Kの中で働いてきたからね。美しさは忘れちゃいけないですよ」。休日は山下公園や仙石原に出かけ、風景画を描く。区の作品展に出品したり、通りすがりの人に絵を売ってと言われるほどの腕前。「10歳は若いつもり」と最近はテニスにも挑戦。仕事に趣味に開発にと毎日を思う存分楽しんでいる。

 ○…捺染布地を介護の現場など、福祉のために使ってほしいとの思いも強い。寝たきりの人の布団の上にかけただけで部屋のにおいが消えた例もあるという。まずは多くの人に商品を知ってもらうことが目標。6月23日、24日に行われる開発品の展示発表即売会にも出品し、商品をPRする予定。「『これがなきゃ』と思われるほどになったらうれしいですね」と目を細めた。
 

戸塚区版の人物風土記最新6件

酒井 茂さん

中学校の美術教諭として働くかたわら油彩画の個展を開く

酒井 茂さん

3月15日号

前田 利昭さん

NPO法人化10周年を迎える「ふらっとステーション・ドリーム」の理事長

前田 利昭さん

3月8日号

HAMMER(ハマー)さん(本名 前澤 高行さん)

戸塚公会堂で音楽イベント「UNITY」を初開催する音楽アーティストの

HAMMER(ハマー)さん(本名 前澤 高行さん)

3月1日号

末岡 恵実さん

自身が手掛ける「手づくり絵本」を制作するための工房を立ち上げた

末岡 恵実さん

2月22日号

平沼 芳彩さん

かながわシニア起業家ビジネスグランプリ2018で「ベストプラン賞」を受賞した

平沼 芳彩さん

2月15日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎える日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

2月8日号

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

境木中吹奏楽部が演奏会

境木中吹奏楽部が演奏会

26日 鎌倉芸術館

3月26日~3月26日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク