戸塚区版 掲載号:2012年5月31日号
  • googleplus
  • LINE

待機児童数 87.5%減で9人に 保育所新設、新規事業が奏功か

社会

 横浜市における今年4月1日時点での保育所の待機児童数が5月17日、市こども青少年局から発表された。昨年同日と比べ、市で81・6%減の179人、戸塚区で87・5%減の9人だった。同局は保育所新設や保育コンシェルジュなどの対策事業による効果が大きいとしている。

 市では昨年の971人から、区では同72人から減少。減少率は昨年同日の市の37・4%、区の40%に対し、今年は倍以上だった。最も大きな理由は、認可保育所の新設による定員拡大だと同局緊急保育対策課の伊東裕子課長は話す。昨年は49カ所(うち戸塚区は5カ所)が新設され、定員が3600人増えた。23カ所新設などで1712人増だった昨年の倍以上の増え幅だ。

 同局は、保育コンシェルジュを配置したことも減少理由の一つとして挙げている。昨年6月から各区で始まった同事業は、保育専門相談員が希望者の相談に応じ、個々のニーズに合った保育サービスの情報を提供している。区こども家庭支援課の担当者は「導入以来、相談のために窓口を訪れる人も多い」と話す。保育室や一時預かりなどのサービスを知らない人に情報を提供し、保育所以外の選択肢を増やすことで、保護者の負担と待機児童の減少につながったという。

 戸塚駅から離れた保育所へ同駅前から3〜5歳児をバスで送迎する、送迎保育ステーションについては、区内の利用者が今年4月開所時の3人から5月25日時点で6人に増加した。

新設園の空き活用

 待機児童ゼロに向け今年度から始めた取り組みとしては、開所後2年以内の新設園の定員や施設の空きの有効活用がある。定員に余裕のある4、5歳児対象の教室や保育士をニーズが高い低年齢児の保育に充てることで、定員を超えて低年齢児を受け入れている例もある。伊東課長は「年齢別のニーズを考えながら、定員のバランスを調整している」と話している。定員外受入のほかに一時保育や地域の子育てスペースとしても利用されているという。
 

戸塚区版のトップニュース最新6件

水道料金値上げを検討

横浜市

水道料金値上げを検討

3月15日号

地域交流施設が誕生

谷矢部池公園

地域交流施設が誕生

3月15日号

公共施設の「多目的化」推進へ

児童福祉施設が開所

上倉田町

児童福祉施設が開所

3月8日号

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月1日号

区制80周年に主眼

2018年度戸塚区予算案

区制80周年に主眼

3月1日号

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

境木中吹奏楽部が演奏会

境木中吹奏楽部が演奏会

26日 鎌倉芸術館

3月26日~3月26日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク