戸塚区版 掲載号:2012年6月14日号
  • googleplus
  • LINE

横浜の魅力を伝えるイベントを企画する「横浜再発見の会・ハートフィールド」の代表 酒匂(さこう)景寿(かげとし)さん 戸塚町在住 43歳

知った分だけ好きになる

 ○…横浜再発見の会・ハートフィールドの代表を務める。これまでに横浜のSLを見るツアー、夜のみなとみらいを歩く企画、中華街の厨房での料理体験などを行った。「知らないままじゃもったいない。横浜の人にこそ、横浜が持つ大きな財産を知り、町を愛してほしい」。イベントの告知も市内限定だ。

 ○…横浜観光のガイド経験を生かし、当時の仕事仲間2人と昨年1月に会を発足。ありきたりの観光ではなく、一味違った他にはないものを目指しているため、企画が最も難しいという。「例えば『中華街での街コン』と『厨房での料理体験』を組み合わせれば、新たに『料理コン』が生まれる」。時にはツイッターを使って、埋もれた情報を探すこともあるという。

 ○…鹿児島県生まれ、東京都育ち。専門学校卒業後、テレビカメラマンとして、報道、ドラマ、バラエティーと様々な番組に携わった。26歳の時に怪我をしてしまい、やむなく転職。9年前に戸塚区に引っ越し、横浜の魅力に気付き始めた。歴史や町を知れば知るほど、のめり込んでいったという。「もし15年ほど早ければ、汽車道の線路はそのままにしてほしいっていう活動をしていたかも」

 ○…実は昨年の東日本大震災の影響で一時イベントを開催できず、会を解散しようと考えたことがあった。「でも、協力してくれている会社の方が『やめるな』って企画まで提案してくれたんです」。積極的に力を貸してくれる人、「横浜詳しいでしょ」と頼ってくれる人、様々な人とつながっていくことが楽しいという。しかし、協力者探しは容易でなく、手当たり次第電話することも。「電話営業なんて久しぶり。1日中地道に交渉するのも大変」と言いつつも、話す姿は生き生きとしている。現在は、東俣野町の農家にマルシェ(市場)出店や収穫体験の協力を交渉中。発足2年目、まだまだこれからが勝負。10年先も続けたいと意気込む。
 

戸塚区版の人物風土記最新6件

酒井 茂さん

中学校の美術教諭として働くかたわら油彩画の個展を開く

酒井 茂さん

3月15日号

前田 利昭さん

NPO法人化10周年を迎える「ふらっとステーション・ドリーム」の理事長

前田 利昭さん

3月8日号

HAMMER(ハマー)さん(本名 前澤 高行さん)

戸塚公会堂で音楽イベント「UNITY」を初開催する音楽アーティストの

HAMMER(ハマー)さん(本名 前澤 高行さん)

3月1日号

末岡 恵実さん

自身が手掛ける「手づくり絵本」を制作するための工房を立ち上げた

末岡 恵実さん

2月22日号

平沼 芳彩さん

かながわシニア起業家ビジネスグランプリ2018で「ベストプラン賞」を受賞した

平沼 芳彩さん

2月15日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎える日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

2月8日号

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

境木中吹奏楽部が演奏会

境木中吹奏楽部が演奏会

26日 鎌倉芸術館

3月26日~3月26日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク