戸塚区版 掲載号:2012年7月19日号
  • googleplus
  • LINE

戸塚区生活保護 過去最多の2440世帯に 若い世代の受給増加が特徴

社会

 全国的に生活保護の受給世帯数が過去最多を記録、戸塚区でも今年の6月末時点で過去最多の2440世帯となったことが分かった。失業などによる20〜40代の受給世帯が08年から増加してきていることが特徴。

 生活保護制度は、生活に困窮している人に対して、最低限の生活を保障するとともに、保護を必要としない生活への復帰支援を行う制度。受給世帯は「高齢者世帯」「母子世帯」「障害者世帯」「傷病者世帯」と、これらに当てはまらない「その他世帯」の5つに分類される。その中で特徴的なのが、08年以降、年々増加している「その他世帯」だ。区内では08年4月末の227世帯から今年4月末の502世帯へと倍以上に増えている。区保護課によると、リーマンショック後、日雇いや派遣の仕事をしていた人が失業し、働くことはできるが仕事がない状態の20〜40代の受給者が増えているという。

 生活保護の申請から決定までは14日以内と生活保護法で定められている。申請後は、区内に30人設置されているケースワーカーが資産調査や面接などを行い、判断をする。同課への相談件数は、今年度に入ってから6月末までで613件。相談のみで終わるケースもあるが、生活保護が認められない場合でも、医療費の減免制度など、利用可能なほかの支援制度の紹介を行っているという。

 ケースワーカーの活動内容の一つに職が見つからない、働く意欲が低い人のための就労支援がある。専門のケースワーカーが就職活動の相談やアドバイス、面接の練習などを行っている。場合によっては直接、仕事の紹介をするケースもあるという。同課の嶋津常弘課長は「受給世帯数の増加率は、急増から微増になってきている。その他世帯の増加率も落ち着いてきたので、就労支援の効果が出始めているのでは」としながらも、まだ予断は許さない状況だと話した。
 

戸塚区版のトップニュース最新6件

水道料金値上げを検討

横浜市

水道料金値上げを検討

3月15日号

地域交流施設が誕生

谷矢部池公園

地域交流施設が誕生

3月15日号

公共施設の「多目的化」推進へ

児童福祉施設が開所

上倉田町

児童福祉施設が開所

3月8日号

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月1日号

区制80周年に主眼

2018年度戸塚区予算案

区制80周年に主眼

3月1日号

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

境木中吹奏楽部が演奏会

境木中吹奏楽部が演奏会

26日 鎌倉芸術館

3月26日~3月26日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク