戸塚区版 掲載号:2012年8月16日号
  • googleplus
  • LINE

横浜市立小・中学校 土曜日授業をモデル実施 今秋から 研究校7校で

 横浜市は9月以降、横浜市立小・中学校7校を研究校とし土曜日授業を行う。学習指導要領の改訂で授業時間が増えたことに対し、教員と児童、生徒が向き合う時間の確保や平日授業の過密緩和を狙う。2014年3月までを研究期間とし、土曜日を含めた年間の授業等の在り方を検討する。

 学習指導要領は小学校で昨年度から、中学校では今年度から改訂され授業時間が増加。小学1、2年では、学校週5日制が完全導入された2002年度と比べ2コマ増、月1、または2回土曜休みだった1992年度と同数で、中学校を含めた他の学年でも2002年度から1コマ増えている。

 市教育委員会担当者は「現状では、小学2年生から6時間授業の日もあり、低学年児童の授業への集中力維持などは課題」と話す。

 市ではこうした状況を受け昨年、教員、保護者などを対象に教育意識調査を行うとともに、有識者や学校関係者などで構成される「年間を通じた授業時間等の配分等の在り方検討会議」を実施し土曜日の活用について検討。会議では6時間目の授業を土曜日に回すことで「児童の負担軽減になる」「教員が児童、生徒と向き合う時間が確保できる」といった意見が寄せられた。一方で「授業時間数が足りていれば無理に土曜日に行う必要はない」「教職員の負担軽減につながらない」といった慎重論も出ている。

 市教育委員会では、検討会による意見のまとめを受け、今年3月に審議を行い、土曜日の活用を含めた研究の実施を決定。学校、地域、家庭が連携するという週5日制の趣旨を踏まえた土曜日授業を行う学校を公募し、小学校5校、中学校2校を研究校とした。今年度は9月以降、2回以上土曜日授業を行うとしている。

学校、家庭、地域が一体に

 研究校の一つである磯子区の杉田小学校(岩崎良之校長)では10月から1月まで月1回土曜日授業を行う。平日に行っていた授業参観や保護者参加行事を土曜日に実施することで、保護者が参加しやすい環境にするのが狙い。土曜日に回した授業時間を家庭訪問や保護者面談にあてるとともに、地域ボランティアを招いての講演も行う。岩崎校長は「親子で参加して頂くことで家庭での教育にもつなげられるのでは」と話す。

 市教育委員会では2014年度以降については成果と課題を踏まえ2013年度中に決定するとしている。
 

戸塚区版のトップニュース最新6件

水道料金値上げを検討

横浜市

水道料金値上げを検討

3月15日号

地域交流施設が誕生

谷矢部池公園

地域交流施設が誕生

3月15日号

公共施設の「多目的化」推進へ

児童福祉施設が開所

上倉田町

児童福祉施設が開所

3月8日号

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月1日号

区制80周年に主眼

2018年度戸塚区予算案

区制80周年に主眼

3月1日号

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

境木中吹奏楽部が演奏会

境木中吹奏楽部が演奏会

26日 鎌倉芸術館

3月26日~3月26日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク