戸塚区版 掲載号:2012年11月8日号
  • googleplus
  • LINE

『10歳からの地産地消Book』を発行した「食のい・ろ・は」の代表を務める 大竹斎子(いつこ)さん 上倉田町在住 57歳

温かいご飯で家庭も温かく

 ○…食の大切さを知ってもらおうと、横浜市などで子どもの料理教室を開く「食のい・ろ・は」の代表。10月に『10歳からの地産地消Book』を発行した。「形に残すことで、思いを知ってもらう機会が増えるはず」と一昨年から年に一度、食育冊子『10歳からの〜』シリーズを発行。今回で最終章となる。

 ○…「教室内にぜーったい親は入れないの」。包丁や火が危ないと心配する保護者には「包丁はよーく研いであるので」と返す。厳しい方針に思えるが、これまで子どもがふざけてケガをしたことはない。ふざけない、食べ物を大切に…教室での「お約束」をきちんと守るからだ。「横から口出しするとやる気を削ぐこともあるから親が一緒じゃダメ。代わりにできた料理は一緒に味わうの。子どもは自分のやった事を自慢げに話すのよ」と目を細める。

 ○…パート勤めの「普通でつまらない」生活から脱却しようと、40歳で一念発起。大好きな料理を仕事にしたいと、調理師免許を取得した。タイミング良く新設の保育園に就職したが、すべてが一からのスタート。調理器具は段ボールに入ったまま、献立も何もない。仕事をこなすことで精いっぱいだったが、保育園で人生が変わった。当時、年長児がご飯を炊く習慣があった。冬でも小さな手を真っ赤にしながら嬉しそうに作業する姿が印象的だった。6年半後に退職したものの、ご飯の準備を楽しむ子どもたちの笑顔が忘れられず、当時の仲間と「食のい・ろ・は」を立ち上げた。

 ○…子どもの「できる力」を奪わず、大切に育ててほしい。この思いは広がり、全国で同様の教室の開催が決まった。「家事は家の事って書くでしょ?家の事は家族で分担すればいい。母親が帰宅するのを子どもがご飯炊いて待っててもいいじゃない」と笑う。簡単なおかずでもいい、色鮮やかじゃなくてもいい。「温かいご飯を一緒に食べることで家庭も温かくなるから」。

戸塚区版の人物風土記最新6件

酒井 茂さん

中学校の美術教諭として働くかたわら油彩画の個展を開く

酒井 茂さん

3月15日号

前田 利昭さん

NPO法人化10周年を迎える「ふらっとステーション・ドリーム」の理事長

前田 利昭さん

3月8日号

HAMMER(ハマー)さん(本名 前澤 高行さん)

戸塚公会堂で音楽イベント「UNITY」を初開催する音楽アーティストの

HAMMER(ハマー)さん(本名 前澤 高行さん)

3月1日号

末岡 恵実さん

自身が手掛ける「手づくり絵本」を制作するための工房を立ち上げた

末岡 恵実さん

2月22日号

平沼 芳彩さん

かながわシニア起業家ビジネスグランプリ2018で「ベストプラン賞」を受賞した

平沼 芳彩さん

2月15日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎える日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

2月8日号

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

境木中吹奏楽部が演奏会

境木中吹奏楽部が演奏会

26日 鎌倉芸術館

3月26日~3月26日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク