戸塚区版 掲載号:2012年11月15日号
  • googleplus
  • LINE

市建築基準条例一部改正 個室型店舗の避難路 強化 カラオケボックス等対象

 横浜市は「市建築基準条例」の一部を改正し、新築のカラオケボックスなどを対象に、火災時などに利用者の避難経路を確保するため、建築基準を強化した。2つ以上の地上へ通じる直通階段の設置などを求めており、違反者には罰金が科せられる。改正条例は12月1日、施行される。

 条例改正のきっかけとなったのは2008年、大阪市の個室ビデオ店で火災により、26人の死傷者を出した事件。

 横浜市ではこの事態を受け、「個室ビデオ店等」を建築基準法における「遊技場」と位置づけ、建築基準を強化した改正条例を今年6月に公布していた。

 対象建築物は、新築・増築・用途変更を行う、個室ビデオ店、カラオケボックス、インターネットカフェ・漫画喫茶などだ。

 条例改正により【1】両側に個室がある廊下の幅を1・2m以上にする【2】避難時に1つの経路が遮断された場合でも異なる経路で避難できるよう、個室がある階から地上に通じる2つ以上の直通階段の設置【3】1カ所の出口に客が集中することによる混乱防止や2方向の避難を確保するため、店舗の出口を廊下または屋外などに面して2カ所以上設置するなどとなっている。条例に違反した場合は50万円以下の罰金が科せられる。

 市は改正条例案への意見を、対象となる211施設に事前に聞いており、「2カ所の出口設置は、店の警備上から厳しい」などの声があがったという。また、市内でカラオケボックスを経営する男性は本紙の取材に「条例の重要性は理解するが、設備投資に資金がかかり、反対」と話す。一方、市は「火災予防の観点から全体としては理解してもらった」との見解だ。

既存施設は「定期報告」

 既存施設は条例の対象外だが、市では、建築物を適切に維持管理するための「定期報告」の義務化をする方針だ。これまでは映画館や病院などが義務化されていたが、カラオケボックスなども年1回市に対し、施設の非常用照明などが適切に機能しているか報告する。こちらは来年4月から義務化する予定という。

 市は「県内自治体でこの案件での条例改正は初めて。市民の命を守るためと理解してほしい」と話している。
 

戸塚区版のトップニュース最新6件

水道料金値上げを検討

横浜市

水道料金値上げを検討

3月15日号

地域交流施設が誕生

谷矢部池公園

地域交流施設が誕生

3月15日号

公共施設の「多目的化」推進へ

児童福祉施設が開所

上倉田町

児童福祉施設が開所

3月8日号

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月1日号

区制80周年に主眼

2018年度戸塚区予算案

区制80周年に主眼

3月1日号

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

境木中吹奏楽部が演奏会

境木中吹奏楽部が演奏会

26日 鎌倉芸術館

3月26日~3月26日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク