戸塚区版 掲載号:2012年11月29日号
  • googleplus
  • LINE

男女共同参画センター横浜 ESCOで省エネ化へ 横浜市が事業者を選定 来年夏着工

男女共同参画センター横浜
男女共同参画センター横浜

 「施設の長寿命化」と「環境負荷、光熱水費の低減」を目的に、横浜市が進めるESCO(エスコ)事業(EnergyServi

ceCompany)。

 横浜市はこのほど、上倉田町の男女共同参画センター横浜と吉野町市民プラザ(南区)で行う同事業の最優秀提案者を選定した。

 選定を受けたのはアズビル(株)(本社/東京都千代田区、ビルディングオートメーション業)と杉山管工設備(株)(保土ケ谷区/管工事業)の2社によるグループ。

両社は2009年度に、日産スタジアム(港北区)の同事業の際にも共同で取り組んだ実績がある。

 横浜市は04年度からESCO事業をスタート。これまでに20施設が運用している。戸塚区内で同事業を行うのは、戸塚センター(05年度)に続き2施設目。 男女共同参画センター横浜は1988年に竣工し、館内設備の老朽化が進んでいた。今回改修するにあたり、各機器に省エネルギー技術を導入し、大幅な光熱水費の削減を目指す。

 期待される効果は、吉野町市民プラザと合わせて「省エネルギー率」が36%、「CO2排出削減率」が36・5%になり、光熱水費は現在の3153万円から、1077万円を1年間で削減できる見込みだ。

 今回の事業は自己資金型で、市が負担する工事費用は約2億1490万円。工事は13年8月に始まる予定で、市は「工事中は利用者にほとんど影響がない」としている。

 選定を受けたアズビル(株)は、国内で数多くのESCO事業に取り組んでいる。同社では「まずは目標の数字を達成する」としている。

※【ESCO事業】…既存施設の設備改修で、省エネ化と維持管理費の低減を図るため、民間事業者が計画・工事・管理・資金調達などの包括的なサービスを提供して省エネ化を行い、その結果得られる効果を保証する事業。「自己資金型」の事業では、省エネ改修にかかる初期投資を発注者が行い、ESCO事業者は省エネ効果を保証して光熱水費の削減を実現。発注者は報酬をESCOサービス料として事業者に支払う。
 

戸塚区版のローカルニュース最新6件

NY(ニューヨーク)で作品展示

吉田町の写真家・坂本さん

NY(ニューヨーク)で作品展示

3月15日号

雛祭り気分「もう少しだけ」

戸塚町の和菓子店

雛祭り気分「もう少しだけ」

3月15日号

歌でがん患者を応援

区内タンゴ教室小原さん

歌でがん患者を応援

3月15日号

多彩なイベントを用意

トツカーナが8周年

多彩なイベントを用意

3月15日号

消火用水を新たに確保戸塚駅前で防火・防災フェア親子一緒に防災ワークショップ

地方議員19人が参加

立憲民主党

地方議員19人が参加

3月15日号

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

境木中吹奏楽部が演奏会

境木中吹奏楽部が演奏会

26日 鎌倉芸術館

3月26日~3月26日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク