戸塚区版 掲載号:2013年1月24日号
  • googleplus
  • LINE

戸塚区民オーケストラの団長(神奈川フィルハーモニー管弦楽団クラリネット奏者) 新野 慎一さん 下倉田町在住 57歳

人生は音楽そのもの

 ○…32年の歴史を持つ区民オケの生みの親。戸塚公会堂ができた当初、練習で利用していたことから当時の館長と仲良くなり「アマチュアオケを作ってみよう」と雑談の中でオケは生まれた。区在住・在勤で団員を呼びかけると集まったのは約100人。横浜市内初の区民オケの先駆けとなった。現在は仕事の傍ら、団員の指導などにあたっている。

 ○…東京で生まれた。祖父、父と3代続くクラリネット奏者。幼いころからクラリネットが身近にあり、父のバンドのステージなどを間近で見て育った。しかし「吹きたいとは思わなかった」という。中学では柔道部に入部。途中、母の実家がある戸塚区へ越してきたが、転校先の戸塚中には柔道部がなかった。「どうしよう」と迷っていたとき、「クラリネットを吹いてみないか」と父親が一言。試しに口を当ててみるとすぐに吹けた。「楽しい」。そこからクラリネット一筋の日々が始まった。

 ○…多くのプロを育ててきた千葉国夫氏らに師事し、練習を重ねた。毎日頭の中はクラリネットのことだらけ。時にやめたくなることもあった。「先生からは『やめちまえ』って言われることもあった」と笑うが、他の道は考えられなかった。大学在学中、発足間もない神奈川フィルに誘われ入団。現在、時には月15回の本番をこなす。文化庁主催のプロジェクトで全国を回ることもある。5年ほど前に訪れた沖縄県西表島の小学校での体験は今でも鮮明だ。校歌をオケで演奏したところ、子どもたちが大感激。一緒に歌いながら泣く姿に、自身も涙が出た。「やっていて良かった」。いい音を聞いてもらうことこそが、この仕事の醍醐味だ。

 ○…一男一女の父親。年ごろで親離れしていく子どもたちに日々、淋しさを覚えることも。「子育てはいくつになっても初めての経験ばかり。まさに人生そのものが音楽」と一言。多くの出会いと経験、感情がクラリネットを通じて音になる。

戸塚区版の人物風土記最新6件

平山 みつ子さん

多世代型住宅「戸塚の里」責任者で、地域との共同イベントを初開催する

平山 みつ子さん

3月29日号

堀内 潔さん

発足70周年を迎える市保健活動推進員会の戸塚区会長を務める

堀内 潔さん

3月22日号

酒井 茂さん

中学校の美術教諭として働くかたわら油彩画の個展を開く

酒井 茂さん

3月15日号

前田 利昭さん

NPO法人化10周年を迎える「ふらっとステーション・ドリーム」の理事長

前田 利昭さん

3月8日号

HAMMER(ハマー)さん(本名 前澤 高行さん)

戸塚公会堂で音楽イベント「UNITY」を初開催する音楽アーティストの

HAMMER(ハマー)さん(本名 前澤 高行さん)

3月1日号

末岡 恵実さん

自身が手掛ける「手づくり絵本」を制作するための工房を立ち上げた

末岡 恵実さん

2月22日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

初の地域共同イベント

戸塚町の多世代型住宅

初の地域共同イベント

4月7日 フリマや食事も

4月7日~4月7日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク