戸塚区版 掲載号:2013年1月24日号
  • googleplus
  • LINE

味噌の寒仕込みに挑戦 舞岡ふるさと村 虹の家

文化

蒸した大豆をすりつぶし、糀と混ぜていく
蒸した大豆をすりつぶし、糀と混ぜていく

 雑菌が繁殖しにくい1〜2月の寒い時期に仕込まれる味噌。舞岡ふるさと村 虹の家でも国産大豆を使った無添加味噌を作る教室が1月19日に開かれた。

 一晩、水に浸しておいた大豆を鍋で蒸す作業からスタート。蒸した大豆は機械でなめらかにすりつぶし、米糀、麦糀、塩と混ぜていった。1人分の味噌の重さは5〜6kg。参加者の女性は「重たくて混ぜるのが大変。体重を利用しないと」と話した。

 よく混ぜた味噌を容器にバチンバチンと叩きつけるようにして詰め込む作業では、「ストレス発散になるわね」と楽しげな様子も見られた。空気が入らないよう隙間なく詰めていき、最後にビニールで密封し、仕込みは完了。今後、涼しい場所で熟成させれば、11月の初めごろにはおいしく食べられるようになるという。
 

戸塚区版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

初の地域共同イベント

戸塚町の多世代型住宅

初の地域共同イベント

4月7日 フリマや食事も

4月7日~4月7日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク