戸塚区版 掲載号:2013年1月31日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

踊場の「戸塚ヒロ眼科」 目薬でピーク抑制を

▲広々、ゆったりとした待合室
▲広々、ゆったりとした待合室

 「目の花粉症治療は、飛散が始まる2週間ほど前から目薬の予防的投与で、ピークを抑えられます」と佐久間院長。例年、花粉症に悩む人が後を絶たずに訪れるという同院。

 佐久間院長は症状を悪化させる要因の一つに「ドライアイ」もあると指摘する。「PCやスマホの画面の見すぎで、最近では10代でも増えています。ドライアイになると、涙が少なくなり花粉を洗い流せません。ドライアイを一緒に治療することで、花粉症の症状も改善しやすくなります」と話す。

特に今年の冬は寒いため、ドライアイは要注意だ。

 花粉症などのアレルギー性結膜炎は、時に強い作用を持つステロイドを含む目薬を使用することも。しかし、副作用で緑内障を引き起こすケースもあるので、眼科でしっかりと処方してもらうのが必要だ。

 同院では20分間で結果が分かるアレルギー検査キットを導入。毎年繰り返す人は調べてみるのも一つ。また子どもも検査可能だ。

 キッズスペース完備の同院では、子どもも多く来院する。親しみやすさが定評の佐久間院長は、小さな子どもの対応にも慣れている。

 また緑内障等の検査機器OCTを導入しているほか、各種コンタクト・眼鏡も処方。平日午前中は比較的、待ち時間が少なく受診できるという。
 

親しみやすい佐久間院長
親しみやすい佐久間院長
キッズスペース完備
キッズスペース完備

戸塚ヒロ眼科

〒245-0061 横浜市戸塚区汲沢1-10-46 踊場メディカルセンター3階

TEL:045-869-1311

http://hiroganka.com/

戸塚区版のピックアップ(PR)最新6件

3月30日〜4月1日3日間限定価格「ギャベ展」

「知りたかった」入居後の本音

決めた理由と暮らしぶり

「知りたかった」入居後の本音

3月29日号

長生きの秘訣とは

横浜クリニック

長生きの秘訣とは

3月29日号

鉄則は”3社以上の相見積もり”

月29万円〜残業なし

東俣野町のクリニック

月29万円〜残業なし

3月29日号

「やり抜く力」育み想いを形に

0歳からの幼児教室

「やり抜く力」育み想いを形に

3月29日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

初の地域共同イベント

戸塚町の多世代型住宅

初の地域共同イベント

4月7日 フリマや食事も

4月7日~4月7日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク