戸塚区版 掲載号:2013年1月31日号
  • googleplus
  • LINE

UDタクシー 導入台数、未だ目標の6割 認知度不足が普及の壁に

 年齢や障害の有無に関わらず、誰でも利用しやすいよう設計された「ユニバーサルデザイン(UD)タクシー」。横浜市では補助金制度を設けて今年度から3年間で240台の導入を計画しているが、認知度の低さから乗車を避けられるケースもあるという。普及には事業者側の周知に加え、UDへの乗客の理解も求められる。

 UDタクシーの導入を促進しようと、国交省では2011年度から補助金制度を新設した。神奈川県タクシー協会横浜支部=中区=でも、交通のバリアフリー化に取り組もうと市に事業化を要望。今年度は1千万円の予算が付き、14年度までに市内の協会加入車両台数4800台のうち5%の240台の導入を目指す。今年度は46社71台を目標としているが、12月末時点で23社43台と目標の6割にとどまっている。

 通常の多くのタクシーがLPガスなのに対し、UDタクシーはガソリンを使用する。ガソリンはLPガスに比べ、燃料費が約2倍かかることが懸念材料でもあったが、今夏にはLPガス対応車がメーカーより発売されるという。

 同支部・UDタクシー導入推進委員会の藤井嘉一郎委員長は「タクシー業界においてもバリアフリー化は必須。高齢化も進み、需要はさらに高まるのでは」と話す。

 UDタクシーは介護専用ではないため、通常の流し運行で営業する。予約せずに街中で乗車できるのが特徴で、料金も変わらない。しかし、見慣れない車体から乗車を避ける人も。同車両を運転するタクシー運転手は「利用者は無線配車がほとんどで、流し運行では厳しい。3人に1人は挙げた手を下げてしまう」とこぼす。台数が限られているため、予約したくても空きがない場合もあるという。

 藤井委員長は「乗客が増えず採算がとれないと、事業者も導入しづらい。福祉車両として共存させるためにも、UDに対する理解を深めてほしい」と話す。一方で、市に普及の要望をしていた横浜市身体障害者団体連合会では「事業化されたのは喜ばしいこと。しかし、台数はまだ足りず、街中で呼び止めることが難しい。全体の30%位がUDになれば」と話している。
 

戸塚区版のトップニュース最新6件

ごみ分別案内にAI導入

横浜市

ごみ分別案内にAI導入

3月29日号

区が独自の指針案 策定

地域包括ケアシステム

区が独自の指針案 策定

3月29日号

参加者30万人を突破

ウォーキングポイント

参加者30万人を突破

3月22日号

薬科大が地域に特別開放

旧ドリームランドボウリング場

薬科大が地域に特別開放

3月22日号

水道料金値上げを検討

横浜市

水道料金値上げを検討

3月15日号

地域交流施設が誕生

谷矢部池公園

地域交流施設が誕生

3月15日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

初の地域共同イベント

戸塚町の多世代型住宅

初の地域共同イベント

4月7日 フリマや食事も

4月7日~4月7日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク