戸塚区版 掲載号:2013年2月14日号
  • googleplus
  • LINE

戸塚の文化財 守れ 永勝寺で消防訓練

バケツリレーの訓練に励む参加者
バケツリレーの訓練に励む参加者

 下倉田町の永勝寺で1月19日、消防訓練が行われた。これは1949年1月26日に、法隆寺金堂が炎上し、壁画が焼損したことがきっかけで定められた「文化財防火デー」にちなんだもの。戸塚区内では唯一、県指定文化財の聖徳太子立像が納められる同寺で毎年行われている。

 当日は下倉田町内会の住民や戸塚消防署の職員、消防団員150人以上が参加し、立像を火災から守るためのバケツリレーや放水訓練を行った。

 同寺はかつて天台宗の寺院だったが、親鸞が鎌倉へ布教に向かう際に寄ったことから、浄土真宗の念仏道場になった。同寺の田口壽人住職によると、親鸞が尊敬する聖徳太子立像は当時の門徒から崇められ、祀られ続けてきたという。

 田口住職は「立像が800年にわたり守ってこられたのは、地域の皆さんの協力のおかげ」と話していた。
 

戸塚区版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

初の地域共同イベント

戸塚町の多世代型住宅

初の地域共同イベント

4月7日 フリマや食事も

4月7日~4月7日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク