戸塚区版 掲載号:2013年2月28日号
  • googleplus
  • LINE

横浜市立小・中・特別支援 学校司書を配置へ 4年かけ全校に

 横浜市はこのほど発表した2013年度予算案の中で横浜市立小・中学校と特別支援学校に学校司書(注1)を配置することを明らかにした。10月から125校に、16年度までの4年間で全校に導入する予定。市では配置により学校図書館の充実を図るとしている。

 学校図書館は、専門資格となる司書教諭(注2)を中心に運営、管理されている。しかし、ほとんどの学校で司書教諭は担任、教科、部活動指導などとの兼任で、図書業務に関わる時間が少ない現状がある。本の貸し出しや本棚の整理などを保護者などのボランティアや図書委員の児童、生徒が行っていたり、学校によっては、図書館の開所時間が限られているところもあるという。

 また、小学校では、11年度、中学校では12年度に改訂された学習指導要領の中で「学校図書館の充実、活用」が示されていることから、市では今回、初めて学校司書配置を予算化した。

教材に図書資料活用も

 市は配置により「児童、生徒の読書意欲の向上」「情報活用能力の育成」をあげており、司書教諭のサポートが業務となる。基本的に学校図書館に週5日常駐させ、図書館の環境整備や管理、貸し出し業務のほか、図書に関する相談も行う。

 また、総合的な学習の時間での資料づくりに対する助言や、教科に関する資料提案など、児童、生徒のほか、教科担当教諭へのアドバイスも期待されている。教育現場からは「これまで以上に図書資料を活用した授業が実施でき、幅が広がるのでは」と期待する声が聞かれる。

人材の確保がカギ

 市では、13年度予算案の可決後に、公募により人材を確保するとしており、司書や司書教諭などの資格を重視する一方、資格がなくても応募対象とするかを検討している。

 学校司書配置を訴える活動を行う市民団体などからは「専門的な知識を持った人に限ったほうが、より学校図書館の充実につながるのでは。人材の確保が事業のカギとなる」という声もあがっている。市担当者は「専門的な知識のほか、児童、生徒とコミュニケーションが取れるかなどを総合的に判断していきたい」と話している。
 

戸塚区版のトップニュース最新6件

ごみ分別案内にAI導入

横浜市

ごみ分別案内にAI導入

3月29日号

区が独自の指針案 策定

地域包括ケアシステム

区が独自の指針案 策定

3月29日号

参加者30万人を突破

ウォーキングポイント

参加者30万人を突破

3月22日号

薬科大が地域に特別開放

旧ドリームランドボウリング場

薬科大が地域に特別開放

3月22日号

水道料金値上げを検討

横浜市

水道料金値上げを検討

3月15日号

地域交流施設が誕生

谷矢部池公園

地域交流施設が誕生

3月15日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

初の地域共同イベント

戸塚町の多世代型住宅

初の地域共同イベント

4月7日 フリマや食事も

4月7日~4月7日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク