戸塚区版 掲載号:2013年2月28日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

横浜市 生ごみ削減へ協力呼びかけ

生ごみの水切りに「ご協力を」

 横浜市の調査では、家庭から出される燃やすごみの量は、年間約61万トン。そのうち、生ごみは約34%に当たる約21万トンで、しかもその80%は、水分が占めているという。

 その水分が腐敗や悪臭の原因となるため、ごみ出しの前に水を切ることを呼びかけている。

 具体的な『生ごみ水切りのひと工夫』として、【1】水にぬらさない、【2】水気のあるものは、乾かしてから出す、【3】ごみ出し前に「ぎゅっと」しぼる。以上の3点を挙げている。

手つかず食品を削減

 購入後、手つかずのままごみに出される食品は、市全体で約2万トン。これは一人当たり、年間約5kgとなる。

 これらを『減らす工夫』として市資源循環局は、【1】冷蔵庫の中身を見て、必要な分だけ購入【2】消費期限を大きく書き、期限切れによる廃棄を防止することを提案する。

 担当課は「生ごみを減らすために、調理を工夫し、上手に使い切ることもお願いしたい」と話している。

■資源循環局3R推進課

(問)【電話】045・671・2530、または各区の収集事務所
 

横浜市資源循環局3R推進課

〒231-0013 横浜市中区住吉町1-13 松村ビル5F

TEL:045-671-2530
FAX:045-663-5834

http://www.city.yokohama.lg.jp/shigen/

戸塚区版のピックアップ(PR)最新6件

3月30日〜4月1日3日間限定価格「ギャベ展」

「知りたかった」入居後の本音

決めた理由と暮らしぶり

「知りたかった」入居後の本音

3月29日号

長生きの秘訣とは

横浜クリニック

長生きの秘訣とは

3月29日号

鉄則は”3社以上の相見積もり”

月29万円〜残業なし

東俣野町のクリニック

月29万円〜残業なし

3月29日号

「やり抜く力」育み想いを形に

0歳からの幼児教室

「やり抜く力」育み想いを形に

3月29日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

初の地域共同イベント

戸塚町の多世代型住宅

初の地域共同イベント

4月7日 フリマや食事も

4月7日~4月7日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク