戸塚区版 掲載号:2013年2月28日号
  • googleplus
  • LINE

海岸周辺守るクロマツ 小雀建設が県と記念植樹

 小雀建設(株)(小雀町・小泉和雄代表取締役)が神奈川県に贈呈した、抵抗性クロマツの苗木の記念植樹式が2月20日、藤沢市の辻堂東海岸で行われた。

 同社が創立50周年を記念して昨年寄付した苗木200本と飛砂防止の竹ず柵の材料は、300万円相当。黒岩祐治県知事からは同社へ感謝状が贈られている。

 藤沢土木事務所によると、辻堂海岸の防砂林は1928年に整備された。海岸地周辺はかつて荒廃地で、塩害や飛砂の影響により国道134号線が交通止めになることが多かったという。クロマツは害虫にも強く、海岸地に優れている植物。昨年、小雀建設(株)が寄付の相談を県にしたところ、藤沢土木事務所から提案があり決まったという。

 当日は小泉社長と土木事務所の木下幸夫所長が2本の苗木をともに植え=写真=、200本分の植樹が完了。小泉社長は「今後は維持管理も協力して行う。これからもできる限り、社会貢献していきたい」とコメント。木下所長は「クロマツによって、何十年も湘南の地を守れるように、整備を頑張っていきたい」と話していた。
 

戸塚区版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

初の地域共同イベント

戸塚町の多世代型住宅

初の地域共同イベント

4月7日 フリマや食事も

4月7日~4月7日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク