戸塚区版 掲載号:2013年4月4日号
  • googleplus
  • LINE

戸塚駅周辺の混乱防ぐ 新庁舎で図上訓練

帰宅困難者の一時滞在施設等をマップで確認
帰宅困難者の一時滞在施設等をマップで確認
 災害時などに戸塚駅周辺で帰宅困難者が発生した際の対応を話し合う図上訓練が3月21日、新庁舎で行われた。

 訓練の実施主体は、戸塚駅周辺混乱防止対策連絡協議会(金子延康会長)。区役所や警察、消防、町内会、商店会、交通各社等の関係者が集まり、有事の際の役割等を確認した。

 このほど区総合庁舎が完成したことを受け、行政からは、主に同庁舎3階・区民広間を帰宅困難者の一時滞在施設として開設し、滞留者を受け入れる方針が示された。区担当者は「避難生活に支障をきたさないよう、(訓練を通じ)震災発生後、初期の段階で各機関の役割分担が明確になれば」と話した。

 同協議会では今後、現状は駅周辺に集中している一時滞在施設を、その周囲にも設置していきたい考え。

戸塚区版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

初の地域共同イベント

戸塚町の多世代型住宅

初の地域共同イベント

4月7日 フリマや食事も

4月7日~4月7日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク