戸塚区版 掲載号:2013年4月11日号
  • googleplus
  • LINE

豊田ミニバスケットボールクラブ男子チームを全国大会でブロック3位に導いた 加藤 光一さん 中区在住 61歳

伸ばすのは背でなく個性

 ○…チーム平均身長は140cm台。小柄な体格をカバーしようと、猛練習で得た豊富な運動量を武器に挑んだ全国大会。だが、準決勝で持ち味のスタミナが切れて終盤に追いつかれ、再々延長戦の末敗れた。大会直前は行事が重なり、「敗因は練習不足。私のスケジュール調整がまずかった」。試合後は、「声をかけたら自分も泣いてしまいそうで」と、涙に暮れる選手達をただ見守るばかりだった。

 ○…教師になりすぐ、若いがゆえに同僚からコーチに誘われた。プレー経験はないが、「スポーツは大好き。充実した時間を過ごせる」。指導教本を読み漁り、経験者に話を聞くなど知識習得に励んだ。だがある時、マニュアル一辺倒の指導に疑問をもつ。「選手の体格や性格は年により様々。個性を伸ばす指導を考えたら、教本は意味がなくなった」。教師としての姿勢同様、積極的な交流で子ども達を理解することに力を入れた。

 ○…1月の県大会決勝は約35年の指導歴で特に印象深い一戦。残り4秒で追いつかれ、観客席から歓喜と悲鳴が沸き起こるなか、コートの端から端へ矢のようなパスが飛ぶ。すぐ自陣へ走った選手がこれを受け、試合終了のブザーと同時に放ったシュートがネットに吸い込まれた。「気持ちの切り替え、視野を広く」を言い続け、「遠投」も練習の定番だった。「修学旅行の引率時以外は毎日」という酒好きで、この試合中継のビデオを肴にした晩酌は「人生で最高に旨い酒だった」。

 ○…「達成感や充実感は勝ってこそ生まれる」。勝敗にこだわり、負ければ容赦なく名指しで叱ることもあるが、それも信頼関係に絶対の自信があるから。「3カ月一緒にいたら我が子同様」と、本当は子ども達のかわいさにメロメロだ。定年退職し、新任教諭を指導する立場となった今も続ける監督業。周囲から引き留めの声が多く、「自分なりに終わりを決めているけれど、計画どおりいくかな」。珍しく”弱気な表情”を見せた。

戸塚区版の人物風土記最新6件

平山 みつ子さん

多世代型住宅「戸塚の里」責任者で、地域との共同イベントを初開催する

平山 みつ子さん

3月29日号

堀内 潔さん

発足70周年を迎える市保健活動推進員会の戸塚区会長を務める

堀内 潔さん

3月22日号

酒井 茂さん

中学校の美術教諭として働くかたわら油彩画の個展を開く

酒井 茂さん

3月15日号

前田 利昭さん

NPO法人化10周年を迎える「ふらっとステーション・ドリーム」の理事長

前田 利昭さん

3月8日号

HAMMER(ハマー)さん(本名 前澤 高行さん)

戸塚公会堂で音楽イベント「UNITY」を初開催する音楽アーティストの

HAMMER(ハマー)さん(本名 前澤 高行さん)

3月1日号

末岡 恵実さん

自身が手掛ける「手づくり絵本」を制作するための工房を立ち上げた

末岡 恵実さん

2月22日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

戸塚区版の関連リンク

あっとほーむデスク

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

初の地域共同イベント

戸塚町の多世代型住宅

初の地域共同イベント

4月7日 フリマや食事も

4月7日~4月7日

戸塚区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク